脱毛コラム

DKBCの脱毛を解約したい「2つの解約方法について」

DKBCの脱毛を解約したい「2つの解約方法について」
 DKBC(ドクターコタニ)は池袋だけでなく首都圏全域で人気のあるエステサロンです。解約の方法には途中解除とクーリングオフの二つがあり、どちらも簡単な手続きで可能です。まずは体験コースを利用してから契約するかどうかを決めましょう。

途中解約・クーリングオフについて




DKBCってどういう脱毛サロン?

 DKBCは池袋でも人気のあるエステサロンで、インターネットの口コミでも高い評価を得ています。脱毛だけでなくフェイシャルやブライダルエステなど多彩な施術を受けられることが人気の理由で、池袋だけでなく吉祥寺や銀座など首都圏を中心に数多くの店舗で展開しています。そんなネットの口コミでも人気の高いDKBCですが、医師のプロデュースした純国産の脱毛マシンを使用した施術が高く評価されています。
 肌に優しく痛みがほとんどないことも人気となっていますし、コースごとの明確な料金システムを採用していることも人気の理由と言えるでしょう。高い安全性を保持しつつもスピーディな施術が可能で、短期間で赤ちゃんのようなぷるぷる美肌を手に入れることも可能です。純国産のマシンを使用ということで安全性も極めて高い施術が可能となっています。

DKBCの解約の方法

 効果的な施術が受けられると話題のドクターコタニですが、解約したいときには途中解約とクーリングオフという二つの方法があります。基本的に退会したいときの理由は何でも構いませんし、理由によって退会ができないということはありません。効果があまり感じられなかったという理由でも大丈夫ですし、金銭的な問題でも大丈夫でしょう。施術を受けている途中で解約するときにはサロンで書面に記入が必要となりますから、まずは店舗で解約したい旨を伝えましょう。
 解約に必要なものは印鑑や口座情報の分かる通帳、支払いに使用していたクレジットカードなどがあります。必要なものを忘れてしまうと手続きが進まなくなってしまうことも考えられますから、必要なものをしっかり準備して臨んでください。

クーリングオフについて

 クーリングオフという言葉を耳にしたことがある方は多いと思いますが、これはエステサロンでの契約以外にもさまざまなシーンで利用できる、解約についての仕組みです。契約日から8日以内で金額が5万円以上というケースならば、無条件で契約を解除することができて、支払った料金も返金されます。
 エステでのサービスはもちろんコスメや美容関連商品なども対象となっていますから今後のためにも覚えておきましょう。DKBC(ドクターコタニ)でももちろん利用できますし、8日以内にクーリングオフしたい旨を伝えれば問題ありません。
 カウンセリングを受けた直後だったのでつい契約したものの、よくよく考えてみやっぱり辞めたい、通うことが出来なくなってしまった。など冷静になって考えてみるとどうして契約してしまったのかとなることは多々あります。こうした場合にはクーリングオフが可能になります。
 ただし、条件を満たしていない場合は、クーリングオフすることが出来ないので、条件を満たして無い場合は途中解約をするといいでしょう。

まずは体験してみる

 カウンセリングを受けてすぐに契約してしまうという方もいますが、まずはどのような施術が行われるのかを知ったほうが良いでしょう。そのため、ドクターコタニで脱毛したいという場合でもまずは体験コースの利用をおススメします。実際に体験コースを利用すればどのように施術が進んでいくのかも理解できるでしょうし、不安も解消できるのではないでしょうか。
 契約したあとで解約・クーリングオフをするというのも面倒ですし、まずは体験コースでしっかりとDKBC(ドクターコタニ)のことを理解してから本格的に契約すれば問題ないと思います。初回の体験コースは公式ホームページから申し込みできますし、簡単な手続きで申し込みが完了します。まずはドクターコタニで行われている施術についてしっかり理解したい、という方は体験コースから利用してみてはいかがでしょうか?
 DKBCの脱毛を途中解約・クーリングオフしたいという場合、まずはスタッフに伝えて下さい。そうすることで詳しい方法を教えてもらえます。

【DKBCの解約方法】
  クーリングオフ 途中解約
期間 8日以内 2年以内
料金 全額返金 残り回数の料金返金
方法 電話または来店時にスタッフに報告 電話または来店時にスタッフに報告

掲載企業一覧