脱毛コラム

ミュゼで未成年の方や学生の方が契約するには?

 ミュゼプラチナムは若い女性に大人気のサロンですが、その若い女性の中には未成年の方や学生の方も含まれています。
 未成年の方や学生の方でも施術を受けることは可能ではありますが、一般社会人の方と同じように一人で契約まですべて行えるわけではありません。
 その他にもミュゼプラチナムでは一部の未成年の方、学生の方に対してはコース内容の変更などもあります。
 そこでこれらについてまとめてみたいと思います。




一人で契約できない理由は?

 未成年の方や学生の方が一人で契約できないのはなぜでしょうか?それは法律で未成年の方や学生の方を守るためです。
 一見このような規制は面倒なだけだと思ってしまいがちですが、実はこれがあることで不当な契約から身を守ってくれているのです。
 結ぼうとしている契約が不利益にならないものなのかどうかを判断するのは本来、自分であるはずなのですが、法律上この部分に対して未成年の方や学生の方というのは社旗的な経験が不十分であるため、判断力が未熟であると定義されているのです。
 そのため、保護者である親権者の方がその契約をチェックすることで不利益にならないものかどうかを確認するのです。
 もし、不利益になるような契約であった場合には親権者の一存でその毛役を取り消すことができるなどの決まりがあるのです。
 このように法律で未成年の方や学生の方を守っているのです。
 また、ミュゼプラチナムではローンの取り扱いもありますが、このローンを使用する際にも親権者の方の協力が必要です。ローンの名義も親権者の方になる場合が多いのです。
 この点についても知っておくとよいでしょう。


同意書はどこで入手するの?

 脱毛の契約をするのに同意書が必要ですが、その同意書ですが、どこで入手するのでしょうか?これはミュゼプラチナムの場合には無料カウンセリングでもらうことができます。
 つまり、同意書がなくても無料カウンセリングを受けることは可能なのです。他のサロンではインターネット上でダウンロードすることが出来たりするところもありますが、ミュゼプラチナムではダウンロードで配ることはしていません。
 ダウンロード出来ないのが不便だと思ってしまう方もいらっしゃるかもしれません。ですが、これは無料カウンセリングと同時に契約できてしまうというリスクをなくす意味では安全な方法であると思います。
 なぜなら、もし強引な営業があったとしてもその場に親権者の方がいなければ同意書は作成できません。つまり、契約が出来ないのです。
 ここでもしダウンロード出来ていたとしたらこの場で契約書を作成できてしまいます。つまり、ミュゼプラチナムでは強引な営業はできないということなのです。

 また、もう一点注意があります。それは同意書を親権者に必ず作成してもらうことです。同意書というのは内容が非常にシンプルですので、親権者の方ではなくとも作成が出来てしまうレベルのものです。
 ですが、親権者以外の方が親権者を騙って作成してしまった同意書を使用して、それが発覚した場合にはその行為が法律に触れることになりかねません。
 そのようなトラブルを起こしてしまうと非常に大きなお話になってしまいますので、しっかりと親権者の方にご理解をいただき、同意書を作成してもらってください。


施術の条件が変わる?

 ミュゼプラチナムでは両ワキ脱毛などが納得いくまで通える美容脱毛完了コースが人気ですが、このコースが16歳未満の方ですと受けられません。
 料金こそ同じではありますが、納得いくまで通えるわけではなく、6回だけ通えるコースとなってしまうのです。それでも、他のサロンに比べて安いのは変わりませんので、お得に脱毛が出来るということには変わりありません。
 また、施術の内容自体は変わりませんが、成長期にある方は脱毛完了後も怪我生えてきてしまう可能性がありますので、その点にも注意をしておきましょう。

関連コラム

掲載企業一覧