脱毛コラム

脱毛が出来ないケースとは?

 エステサロンやラ・ヴォーグのような脱毛サロンの脱毛マシンというのはクリニックで行っている医療レーザー脱毛の施術よりも効果がどうしても弱くなってしまう分、お肌にやさしいという特徴があります。
 そのため、安全性も高いといえます。ですが、そんな安全性の高いサロンのフラッシュ脱毛でもどうしても脱毛をすることが出来ない状態というのがあります。それはどのようなケースになるのでしょうか?
 非常に気になるところだと思います。そこで、脱毛を断られてしまうケースをいくつかピックアップしてみたいと思います。
 これは両ワキ脱毛のような小さな面積のパーツでも同じことが言えるので、覚えておくとよいでしょう。




アレルギーのある方

 アレルギーがある方の一部の方には脱毛の施術が出来ないことがあります。とはいってもアレルギーを持っているから即脱毛が出来ないということにはなりません。
 どのような方が脱毛を受けられないのかというと、それは症状の面から見た時、原因から見た時で違います。
 まず、症状の面から見た時にはどのようなものがあるのかを考えてみます。アレルギーというと花粉症などもアレルギー症状です。花粉症のように鼻水やくしゃみの症状があると脱毛が出来ないかというとそうではありません。
 では喘息のように咳の症状はどうでしょう?これも脱毛は可能です。ただし、これらのアレルギー症状を抑えるために薬を服用しているときは脱毛の施術が受けられないこともあります。
 薬を服用しているときはしっかり施術前に報告するようにしましょう。では、アレルギー症状が原因となって脱毛が出来ないということはないのでしょうか?
 実はこれはあるのです。食べ物からくるアレルギーなどでよく聞く症状ですが、湿疹や蕁麻疹といったお肌の表面に症状が出てしまった場合です。この場合には脱毛の施術ができません。
 次に原因から考えてみます。アレルギーの原因となるものは先ほども触れた花粉や喘息の元にもなってしまうハウスダストやペットの毛なども考えられます。ですが、これらの原因では脱毛が出来ないということにはなりません。
 脱毛をするにあたってアレルギーの原因が理由で脱毛できないのは「光アレルギー」の方です。これは読んで字のごとく光のアレルギーです。
医療レーザー脱毛やフラッシュ脱もというのは光を使用して脱毛をしています。この施術に使用する光に反応してしまう可能性がある為、脱毛が出来ないのです。


糖尿病の方

 糖尿病の方も実は脱毛が出来ないのです。糖尿病の方はなぜ脱毛が出来ないのでしょうか?そもそも糖尿病は体の中の病気ですし、脱毛の施術はお肌の表面の施術です。そのため、脱毛の施術に糖尿病が何か影響を与えてしまうことはないのではないかと考えてしまうのではないかと思います。
 ですが、実は糖尿病になっていると脱毛ができません。それは脱毛の施術後の問題なのです。そもそも糖尿病には傷が治りづらくなるという症状があるのです。これが脱毛出来ない原因なのです。
 脱毛の施術というのはお肌に大きなダメージを与えてしまう施術ですが、そのダメージというのはやけどなのです。脱毛の施術はお肌に強力な光を当てて、その光を毛に吸収させて高熱を発生させることで脱毛効果となっているのです。
 こうして熱が必要であるため、脱毛直後のお肌には軽いやけどが出来てしまっているのです。このやけどは非常に軽いものであまり気にならないという方もいらっしゃるくらいですが、これはあくまでも正常な方のお話です。
 糖尿病の方は傷が治りづらくなっているため、この程度の軽いやけどでも大きな問題になってしまうこともあるのです。


てんかんのある方

 てんかんの症状がある方も脱毛することができません。てんかんというのは脳細胞の異常であるといわれています。
 ある特定の刺激に対して身体が過剰な反応をしてしまい、ひきつけや痙攣などを引き起こす症状です。
 脱毛の施術というのはお肌の表面に大きな刺激を与えてしまうものです。その刺激が引きがねになって発作が起きてしまう可能性がないということも言い切れません。
 そのため、脱毛の施術を受けることが出来ないのです。


妊娠中の方も脱毛出来ません

 妊娠をされている方は脱毛の施術が受けられないのです。その理由は妊娠中というのはホルモンバランスが崩れがちで、その状態で脱毛の施術を行ってしまうと脱毛効果が上がらなかったり、逆に毛が増えてしまったりなどというトラブルが起きやすいのです。
 そのため、脱毛の施術が受けられません。また、妊娠中の施術で気になるのは赤ちゃんへの影響だと思います。ですが、この点は心配しなくてよいようです。
 脱毛機の光が赤ちゃんまで届いてしまうことはないようです。

関連コラム

掲載企業一覧