脱毛コラム

ハイジニーナとVIO脱毛の違いなどをまとめます

 クレアクリニックの医療レーザー脱毛はライトシェアデュエットという脱毛マシンを使用しているため痛みが非常に小さいのが特徴です。
 痛みが小さい脱毛が出来るからこそおすすめのコースがあります。それはハイジニーナです。
 ハイジニーナという言葉はあまり聞き覚えがないかもしれません。そこで、このハイジニーナについてまとめてみたいと思います。




ハイジニーナの語源

 ハイジニーナ脱毛という言葉を初めて聞いたという方や、まだ聞きなれない方も多いかもしれません。そこでまずはハイジニーナと言う言葉の語源からお話しさせていただきたいと思います。
 そもそもハイジニーナと言う言葉は「清潔」を意味する「ハイジーン」という言葉からきているのです。ここからもわかるとおり、アンダーヘアというのは脱毛をすると体を清潔に保つことができる施術だといわれているのです。


ハイジニーナ脱毛とVIO脱毛はどこが違うのか?

 ハイジニーナ脱毛とVIO脱毛という二つの言い回しですが、この二つに違いはないのか気になるところだと思います。実はこの二つの言葉は本来ちょっと違う意味を持つ言葉なのです。
 まずVIO脱毛というのはVIOラインの毛を脱毛するという見たままの意味ですが、一方ハイジニーナというのはVIOのけをすべて脱毛してツルツルにする施術をさす言葉なのです。そのため、この二つの言葉は微妙に違いがあったのです。
 ですが、これは「本来は」というレベルのお話です。日本国内に限って言えば、また変わってきてしまうのです。日本国内でハイジニーナと言うと実はVIO脱毛と全く同じ意味合いで使われることが多いのです。
 なぜ、このようなことになっているのかというと、ハイジニーナ脱毛の施術の一種でデザインハイジニーナというものがあります。これはアンダーヘアをデザインして残す脱毛の施術です。そのデザインの中にはツルツルにしてしまうという選択肢もある為、つまりはVIO脱毛と全く同じ意味合いで使われているのです。
日本国内でハイジニーナと言うとデザインハイジニーナをさすこと多いので、VIO脱毛と同じ意味合いで使われていることが多いのです。
ですが、これはあくまでも一般論ですので、必ずハイジニーナの施術でも毛を残すことはできるのかどうか、量(濃さ)を調整できるのかどうかなどは必ず確認するべきだと思います。


ハイジニーナ脱毛をすると清潔になれる?

 脱毛の施術というとムダ毛をなくすだけというイメージが強い方が多いかもしれません。確かにムダ毛の処理ではあるのですが、VIOや両ワキなど蒸れやすい場所では脱毛をすることで体を清潔に保つことができるのです。
 そのため、語源も「清潔」を表す「ハイジーン」から来ているのです。では、具体的になぜ清潔にできるのかと移転について説明したいと思います。

見た目に清潔感が出る

 日本国内でも最近はこの意識が出てきましたが、欧米を中止として国々ではアンダーヘアをお手入れしているのは当たり前のこととしてとらえられていることが多いのです。
 そのため、お手入れをしていないことは不潔と思われてしまうことがあるのです。だ海外ではツルツルにしてしまうことが主流であったりするためハイジニーナと言う言葉が生まれたとも考えられます。

排泄物が落ちやすくなる

 アンダーヘアというのは場所的な問題でどうしても排泄物が付きやすく不潔になりがちです。しかもアンダーヘアというのは衝撃から体を守るためにゴワゴワとした毛が生えています。
 このゴワゴワした毛は汚れが一度ついてしまうとなかなか取れません。そのため、脱毛をしてしまえば毛に汚れが残ることはありません。ですが、脱毛をしたからと言って汚れが付かなくなるわけではありません。
 逆にお肌に付いて嫌な思いをしてしあう方もいるでしょう。ですが、毛と比べてお肌であれば汚れは落ちやすいので結果としてきれいな状態に保ちやすくなるのです。

細菌が増えづらくなる

 アンダーヘアというのはしっかりしているため下着との間にどうしても湿って温かい空気がこもりがちです。このようにデリケートゾーンの蒸れに悩む方も多いかと思います。この状態というのは細菌が非常に繁殖しやすい状態なのです。
 そのため、脱毛をして繁殖をおさえることでデリケートゾーンが清潔になるのです。

関連コラム

掲載企業一覧