脱毛コラム

脱毛後はアフターケアが重要です

 サロンや医療レーザーのクリニックでムダ毛の処理を行った後に必ず行ってお欲しいのがご自分でのアフターケアです。
 一般的な施術ではアフターケアはサロンやクリニックが行ってくれると思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、実は脱毛の施術というのは脱毛から数日間ご自分でアフターケアを行う必要があるのです。
 そのアフターケアの方法についてはカウンセリングなどで別途指導があるかもしれませんが、基本的にサロンやクリニックが行ってくれるのは施術時に行う保湿ケア位なものです。
 医療レーザーを行うクリニックでは別途軟膏などを処方することもありますが、それを使うのは施術を受けた方自身なのです。そのためアフターケアについて知っておくことは非常に大事なことなのです。
 特に全身脱毛の際などはパーツも多いため、注意が必要です。




アフターケアを行わなかった時に想定されるトラブルは?

 脱毛直後からアフターケアを行わず不摂生な生活を送ってしまうと様々なトラブルが起きえてしまいます。やけどや赤み、腫れなどはもちろんニキビが出来てしまったり、シミなどのような色素沈着が起きてしまうこともあります。
そのため、脱毛直後からしっかりとアフターケアを行っておくことが安全な脱毛につながるのです。


やけどのトラブルに対してのアフターケア

 脱毛のトラブルと言って思い出されるトラブルは何でしょうか?やはりやけどではないでしょうか?実はアフターケアを行うことでやけどのトラブルを減らすことができます。
 ここで疑問に思う方もいるかと思いますが、ヤケドのトラブルは脱毛の施術の瞬間にできるものであるのになぜアフターケアで予防ができるのかが分からないという方もいらっしゃるかもしれません。
 実はここが難しいところで、脱毛の際には軽いやけどがどうしても起こってしまうものなのです。なぜなら医療レーザー脱毛やフラッシュ脱毛は光で脱毛するわけではなく、熱で脱毛をするものなのです。
 そのためどうしても毛穴の中や毛穴の周辺のお肌にはどうしてもやけどが出来てしまうのです。
 ただし、そのやけどはお肌をしっかり冷やしてから脱毛をすることで、やけどを軽度に抑えることができるのです。
 ですが、その軽度なやけどもアフターケアを行わず不摂生な生活をしてしまうと重度のやけどになってしまうことがあるのです。そのため、適切なアフターケアを行うことでやけどをひどくならないようにすることができるのです。
 そこでおすすめのアフターケアをご紹介します。それは非常にシンプルなもので、「ぬれタオル」です。ぬれタオルを脱毛したパーツに遭っておくことがよいのです。
 脱毛直後のお肌というのは乾燥しているのです。その乾燥も一緒にケアできるためぬれタオルは非常におすすめの方法といえます。


脱毛直後はニキビができやすい

 脱毛後のトラブルにニキビができるというものがあります。ニキビというものはそもそも毛根付近での細菌感染が原因です。感染した結果毛穴の中に膿が溜まる現象です。
 ここで脱毛後の毛穴を考えてみると先ほども説明したように毛根付近にやけどを負った状態になります。そのため、そこで細菌感染が起きやすいのです。
脱毛後はお肌をしっかりと清潔に保っておくことが大事なのです。


色素沈着にも注意

 脱毛後にはシミなどの色素沈着が起こりやすい状態になります。なぜこのようなことが起きてしまうのかというと、そもそも色素沈着というのは体を守るためにメラニン色素が過剰に分泌されてしまう現象です。
 それがなぜ脱毛後に起こりやすいかというと、脱毛直後のお肌は非常にデリケートになっているため、普段よりもダメージに敏感になっているため紫外線などの刺激に対して過剰な反応を示してしまうのです。
 その結果、色素沈着が起きてしまうのです。そのため、脱毛直後からしっかりとした紫外線対策を行っておきましょう。
 ただし、UVケア用品に関しては脱毛の翌日からがよいでしょう。なぜなら脱毛後のお肌にUVカットクリームなどはまだ刺激が強い可能性があるからです。

掲載企業一覧