脱毛コラム

ビキニライン脱毛はミュゼプラチナムが評判の理由

水着のシーズンが近づくと人気のパーツと言えば、ビキニライン、別名Vラインの脱毛です。最近では、スポーツジムにスイミングを目的として通う人も増えています。
 では、どのサロンで脱毛したら一番お得なのか?
 ビキニラインの体毛の特長を考慮すると、ミュゼプラチナムのビキニラインのコースが一番、費用対効果という点で安心できます。

ミュゼのビキニラインが一押し!2つの理由



トータルコストで圧倒的で費用が圧倒的に安い

 ビキニラインは水着のシーズンになるとどうしても処理しなければならないパーツです。 
 とは言え、カミソリなどで自己処理をすると、すぐに毛が再生してくるので、繰り返し処理していくうちに、どんどん硬毛化してしまい、元々、濃く太い毛が更に処理しにくくなるという負のサイクルに、両ワキの次になりやすいパーツです。

 エステサロンの脱毛コースや、脱毛サロンでは、人気のコースという事で、各サロン、あの手、この手と夏が近づけば近づく程、キャンペーンなどが過熱していきます。

 ここでは、ビキニラインの処理を考えた場合、どこのサロンで施術してもらう事が、一番、費用対効果が良いのか検討した結果を紹介していきます。
 

体毛の特長を考えると通常の回数コースは怖い

 ご存知の通り、ビキニラインの毛は他の体毛と比較すると、毛の色が濃く太い。その形状からVラインともいわれており、足の付け根付近がビキニラインだが、人によっては、毛根の数が多いという特徴があります。
 こういった毛の色が濃く太い毛か、毛が集中している箇所の毛根は、現在、脱毛サロンやエステサロンの脱毛コースで現在、主流の光脱毛は不得意なパーツなのです。

 毛根部分では毛を成長させるために、細胞分裂を行います。細胞分裂する際に毛の色を黒くする黒色のメラニン色素を分泌します。
 このメラニン色素は脱毛マシンの光を吸収するという特長があり、 吸収した光がやがて熱を発生させ、この熱が毛根を処理します。

 ところが、ビキニライン(Vライン)の毛は、一般の体毛と異なり毛根の位置が異なり、他の毛よりも毛根が皮膚表面から深い位置にあることが多く、脱毛マシンの光が届きににくく、熱処理も思うように光が届かず、1回では処理しきれない毛根も少なくありません。

ミュゼのビキニラインの料金プランは良心的?

 上述の通り、ビキニラインの脱毛は何度と通う必要があり、しかも、毛根の位置次第、つまり、個人差次第で何度の通いになるか分かりません。
 一般の体毛であれば、6回程度の通いで効果を実感しますが、 ビキニラインを完全に無毛状態のツルツルにしたいという事であれば、10回以上、15回前後の通いになることもあり、どれだけの費用になるか分かりません。

 ミュゼプラチナムであれば、回数無制限のビキニラインのコースがあり、料金は3,600円税込みです。 何度通っても、初回に支払う3,600円だけです。しかも、 有効期限はありません。
 どれだけお得か以下、他の有名サロンと比較してみたので参考にしてみてください。
サロン名 回数 料金
銀座カラー 回数無制限 37,600円(税別)
銀座カラー 8回 21,000円(税別)
エピレ 6回 26,400円(税別)
ミュゼプラチナム 回数無制限 3,600円(税込)


光脱毛でビキニラインを処理すると痛い?


 光脱毛でビキニラインの脱毛をすると、 個人差はありますが、強い痛みを感じます。
 ミュゼの脱毛方法は痛みがケアされている施術方法で処理でき、高い評価を得ています。

ビキニラインの脱毛は大変

 ビキニラインの体毛は、毛の色が濃く太いので、毛根が深い位置にあるというのは別の項でも、お伝えした通りですが、

[参考]体毛の特長を考えると通常の回数コースは怖い

 そういった体毛は他の体毛より、皮膚表面から深い位置にあり、 付近に神経が集中しており、脱毛の際に発生する熱が痛みとして、神経に伝わりやすいという問題がある。

 また、ビキニラインは そもそも神経細胞が多い場所という事もあり、痛みを感じやすいパーツでもあります。

ミュゼの脱毛方法は痛くない?

 ミュゼの脱毛方法は光脱毛の一種ではあるが、高熱で処理する方法とは異なるS.S.C.脱毛と言う方法を採用しており、通常の光脱毛と異なり、 痛みが少なく、肌への影響も少ない手法という事で、ビキニラインのような毛の色が濃く太い箇所への脱毛には定評があります。
 また、S.S.C.には脱毛効果を高めるジェルを脱毛前に患部に塗布します。
 このジェルにミュゼプラチナムでは、 美容美肌成分が含まれており、脱毛後の炎症や熱された患部を沈静化させる効果があり、ビキニラインの脱毛は毛が太い分、熱を吸収する毛根部分の面積も大きく高熱になりやすく、脱毛後の肌ケアも考慮されたジェルを利用していることもオススメの一つです。

関連コラム

掲載企業一覧