脱毛コラム

短時間で永久脱毛!レーザー脱毛のメリットや効果

 ここでは 医療レーザー脱毛の原理について、 効果メリットについて、他の脱毛と 比較しながら簡単に説明していきます

 医療レーザー脱毛では、沢山の種類のある医療用レーザー機器の中から、 アレキサンドライトレーザーでレーザー脱毛を行うのが一般的です。この機器は、医師のみに使用が許可された最新のメディカルレーザー脱毛システムです。このレーザーから発振される光線は、波長が755nm、パルス幅20m/秒という特性を持っています。この波長のレーザー脱毛は、皮膚表面を透過し毛根及び、毛包(毛乳頭)のメラニン細胞にのみ選択的に吸収される特長を持っています。これによって、ムダ毛の毛根及び毛包(毛乳頭)のメラニン細胞のみが瞬時に熱分解され、 皮膚表面に全く傷を残さずに、安全に、確実に脱毛処理が行えるようになったのです。

 レーザー脱毛は1センチ単位の面照射で1秒間隔ずつ照射が行われますので、毛を1本1本焼いていく従来の電気針式脱毛と異なり、 1回の照射(0.1秒)で約20本の処理が可能なので、非常に 短時間で広範囲の脱毛を行う事が可能 になりました。


レーザー脱毛ってどうやるの?

 それでは、医療レーザー脱毛による脱毛の手順を見ていきます。

 まず、脱毛をする場所のムダ毛を剃り落します。医療レーザー脱毛に使用するレーザーは黒い色に反応してしまうため、皮膚の上にムダ毛が残っていると、そこで、レーザー光が吸収され、毛根部に届かなくなるからです。それから、 レーザー光の吸収をよくする為のジェルを使用するケースもあります。

 患者さん、医師ともにレーザー光線から目を保護する為にゴーグルをつけるのが一般的です。レーザーを用いる治療の中で、唯一、注意をしなければならないのが目に対する安全です。誤って目に照射してしまうと、 視力に悪影響を与えかねませんので、必ず ゴーグルまたは、 アイマスク を着用します。

 そして、照射が開始されます。一回の照射範囲は直径1センチ程度の面照射です。脱毛したい範囲に一回一秒ずつ当てて行きます。パチン、パチン、と輪ゴムを弾くような音がレーザー脱毛のレーザーの照射音で、非常にリズミカルに行われます。

  照射時間は範囲にもよりますが、 ワキの下で片側だいたい9.0秒くらい です。レーザーを照射し終わったら5分ほど患部を冷やして落ち着かせます。その後、軟膏を塗って治療は終了です。これで休眠中の毛以外は処理終了です。お帰りの際、患部に塗る軟膏をお渡ししますので、1日2回1週間程度塗って頂ければ、後は普段通りの生活をしても問題ありません。これで、当分ツルツルのお肌でいられますが、毛には、休眠期の毛根があり、これらの毛はしばらくすると発毛してくるので、脱毛完了までは、数か月の間隔を空けながら、数回の照射が必要になります。ですので、通院の回数は、毛の状態やどの部分を脱毛するのかで若干の違いはありますが、 多くて数回の通いで、脱毛は完了します。

 

 

レーザー脱毛のメリット

レーザー脱毛は、1回の所要時間が短い!

 医療レーザー脱毛は、今までの「永久脱毛=電気針式脱毛」という常識を根底から覆す画期的な脱毛法です。では、その画期的な理由を電気針脱毛やその他の脱毛と比較しながら、詳しく説明していきます。

 

  毎日が多忙すぎて、時間が無い。でも安心、レーザー脱毛は1回の所要時間が短い!

 

 「エステティックサロンで脱毛をしたのですが、ワキの下を両方脱毛するのに、1回の所要時間が1時間、それで2年近くかかりました。」

 「仕事でなかなか、エステに行く時間が取れないので、中途半端な状態です。」

 

 仕事に、恋に、遊びに何かと忙しい現代社会においては、その1時間が実に貴重だったりするのではないでしょうか?脱毛は身だしなみの一つとして、あるいは美しくなるためにどうしてもやっておきたいものです。でも、今までの脱毛のように、1回の時間がかかるのでは考え物。また、従来の電気脱毛の痛みは、半端ではありません。痛みのあまり高額のチケットを購入してしまったにもかかわらず、途中で放棄してしまう方も多いようです。

「もっと、素早くできる脱毛法があればいいのに。」

なんてお考えの貴方に、ピッタリの脱毛法、それが、医療レーザー脱毛です。

 従来の脱毛法の欠点の一つに、1回の施術時間が長いということが挙げられました。電気針式の脱毛は、1本ずつ毛穴に針を挿入し電気を通していくやり方なので、1分間につき数本程度しか処理することが出来ませんでした。ですので、広範囲を処理しようとすると、1回の施術時間がどうしても長くなってしまいます。施術時間が長いとは言っても、1時間で脱毛できる本数は100本程度。仮に、ワキの下の脱毛をしているとしても、直径数センチほどの部分しか脱毛できません。

 医療レーザー脱毛はどうでしょう。 医療レーザー脱毛はレーザー光線を脱毛したい箇所に当てるだけの簡単なものです。1回のレーザー照射で処理できる範囲は直径約1センチの円の範囲ですので、 同時に10本から20本のムダ毛処理が1/100秒で行えます。1本1本毛穴に針を差し込んでいく電気針脱毛の作業のわずらわしさからは完全に解放されますし、そのスピード感といったら、外に類を見ません。1回の照射時間は約1/100秒ですので、ワキの下なら、片側だけで、だいたい9.0秒ですべてのムダ毛の処理が完了します。当たり前ですが、 両ワキなら20秒程度という事になります。まさに医師にとっても、患者さんにとっても、ストレスのない楽な脱毛方法といえるでしょう。

 

急いで永久脱毛したい!

「電気針の脱毛に通っていたのですが、脚のムダ毛を全部処理するのに3年以上かかってしまいました。その間は中途半端でなんだかすごく心地悪かったです。いまだに毛穴にシミが残ってしまっていてそれも気になります。」

「ワキの下の脱毛をしたいのですが、すごく時間がかかると聞いて、躊躇しています。早く仕上がる脱毛は無いのでしょうか?」

 

 1本ずつ脱毛していく電気針式の脱毛では、完全に脱毛するまでは何回も、場合によっては1年以上、施術を受けに通わなくてはなりません。1回の施術での処理本数は数十本程度のことも。ワキの下片側だけで約10回以上は施術を受ける必要があります。また、休眠中の毛、まだ皮膚表面に姿を出していない毛についても生えだしてくるまで待たなくては行けませんので、実際にはもっと期間がかかります。「今すぐ永久脱毛したい。」「短期間でツルツルのお肌を手に入れたい」という願いは、電気針式の脱毛方法では決してかなえられない夢だったのです。医療レーザー脱毛では、どうでしょうか?

 1回の施術時間については、今は生えているムダ毛だけです。体毛には成長の周期があって、眠っている毛については、毛根にレーザーが届かないため、脱毛処理ができません。そのような休眠中の毛以外の今生えている毛については、 実質1回の処理で脱毛完了です。 つまり1回の照射でも確実に目に見える効果が期待出来るのも医療レーザー脱毛の優れた特徴の一つです。

 脱毛処理後、2か月程すると、休眠中の毛が成長期に入りますから、その時期にもう一度施術を行えば脱毛完了です。期間が短いだけではなく、 通う回数もわずか数回程度で済み、休眠中の毛が生えそろうまでの期間も、初回の脱毛でほとんど処理できますので、ムダ毛も気になりません。もちろん、脱毛の為毛を伸ばしてくる必要もありません。こんなに優れた利便性もレーザー脱毛ならではと言えます。

 

 

エステの光脱毛との比較

 エステサロンで行われている 光脱毛、別名 フラッシュ脱毛は料金が手ごろで安いイメージがあります。また、見た目、皮膚の色には影響ない、毛根部分の色に反応する光を照射して、毛根を処理していくという意味では、非常に似ているので、安いエステの脱毛の方が手軽で良いのでは?という意見もあります。

 確かに、 見た目の料金は大事な話です。ですが、脱毛の効果という観点で診ていくと、トータルの金額は、さほど変わりません。エステで使用されている脱毛マシンは、医療機関のレーザー脱毛と比べると出力が全く弱く、1回の施術では処理しきれません。つまり、全ての毛根に光が届かないということです。ちなみに、 エステでの脱毛は永久脱毛ではありません。特に毛根が深い位置にあるような両ワキやビキニライン(Vライン)の毛に関しては、数回といった回数の通いでは足りません。10回程度の覚悟が必要です。 医療機関のレーザー脱毛は多くても 5回~6回の通いで完全に無毛状態になりますが、エステであれば、 10回~15回の通いも一般的です。 トータルで要する時間、効果、といったデメリットもあるので、トータル費用でそれほど、変わらなければ、短期間で永久脱毛ができる医療機関の脱毛は、検討に値します。

 各医療レーザー脱毛を実施しているクリニックは以下から検索ができます。

現在、初回の無料カウンセリングや安い料金で行える体験コースの情報も掲載中です。

地域での絞り込みも可能なので、もし、よろしければ、ご活用ください。

医療レーザー脱毛を受けられるクリニック検索はコチラ

掲載企業一覧