脱毛コラム

痛くないの?肌トラブルは?気になるレーザー脱毛の疑問解決

 医療レーザー脱毛というと、1回の施術時間が短時間で、しかも短期間で脱毛ができてしまうといった料金面でも従来の脱毛方法よりお得といったイメージがあります。

 ですが、まだまだ世の中の認知はそれほどでもないので、たとえば、

  • 痛くないのか?
  • 肌が弱い人でも大丈夫なのか?
  • アトピーなどアレルギー体質の人でも問題ないのか?
  • 副作用はないのか?
  • 毛が再生してこないか、脱毛の効果は?

といったような皆様の疑問にお答えし、初めて永久脱毛したい!医療レーザー脱毛をしてみたいと考えている人向けに、疑問にお答えしていきます。

 

レーザー脱毛って痛くないの?

 

「ニードル脱毛の痛さにはもうこりごりという感じですね。脱毛してキレイになるという目的があったから我慢できたけど、そうじゃなかったら途中で投げ出してしまいますね。」

「エステの針脱毛、私は我慢できなくて途中で辞めちゃいました。こんな痛い思いをするなら、カミソリで処理している方がいいやって思うくらいの痛さでしたね。でもローンの解約に応じてくれなさそうですので、それが心配です。」

 

 といったような口コミが当サイトにあったので、 レーザー脱毛では痛みはどうなのか?まとめてみました。

 電気針式の脱毛では、毛穴の1本1本に針を差し込み、そこに電気を通して毛根を焼き切っていくという方法が採られています。ですので、その施術には人によっては、「脳天に突き抜ける痛み」と表現するくらいの大変、大きな痛みを伴いますし、また、場合によっては傷痕やヤケド跡を伴います。電気針では毛根だけではなく、周囲の健康な皮膚組織にまで、電気熱が通ってしまいますから、痛みや出血が起こるのです。

 そういった痛さを乗り切れなければ、永久脱毛処理が行えなかったのが現状でした。

 しかし、これからは違います。 レーザー脱毛なら痛みをほとんど伴わずに施術を受けることが可能なのです。レーザー脱毛では、皮膚に貼りを刺したりとか、直接肌に触れたりするのは皮膚にジェルを塗るときくらいで、他にはありません。また、このジェルは脱毛の効果を上げる為、レーザーの照射漏れがないようにする為のモノですが、最近は脱毛マシンの進化に伴いジェルを使用するクリニックも減ってきているのが現状です。 レーザーは皮膚表面を素通りするので皮膚への余分な刺激は一切かかりません。毛根に直接作用し、そこを熱で破壊するのですが、その際も毛根以外の部分には刺激を与えないため、電気針のような強烈な痛みを感じることはありません。とはいえ、毛根の一部をはかいするのですから、全くの無痛という訳にはいきません。痛みの原因は体に散らばっている「痛点」という痛みを感じる場所です。毛根とその痛点が近ければ、痛みを感じることがあります。 痛みの程度は人によりますが、輪ゴムで弾いた程度パチンとする程度です。

 医療レーザー脱毛で痛みを原因でリタイアされた事例はかなり少ないです。稀と言えます。

 

副作用は無いのでしょうか?

 

「電気針で脱毛した後がシミのようになってしまったり、皮膚に赤いボツボツが出来てしまった。」

「ワックス脱毛を定期的におこなっていたのですが、皮膚がかぶれてしまって、ワックスやテープはもちろんカミソリスタ使えません。今脱毛が出来ない状態で困ってます。」

 

 といった内容の口コミや体験談が当サイトに以前、寄せられていましたが、医療レーザー脱毛であれば、そういった心配は必要がありません。

 ムダ毛とはいえ、毛は皮膚の一部。それを取り除くのですから、やり方を間違えると、皮膚にかなりのダメージを与えることになります。電気針では、針を刺して電気を通した後がかさぶたのようになったり、処理後がシミとして残ったり、出血した跡が化膿してしまったなどのトラブルが報告されています。また、ワックスや除毛クリームを使用する場合でも、肌の弱い方の場合あるいは、何度も繰り返すうちに、肌が赤くむけたようになり、炎症を引き起こし病院に通院することになるケースが報告されています。

 せっかく美しくなるために始めた脱毛で、皮膚に傷跡やシミを残したり、皮膚そのものがダメージを負ってしまったのでは、お話になりません。

 こういった皮膚のトラブルもレーザー脱毛ではまず、起こらないと言えるでしょう。

 医療レーザーは皮膚の毛根のみに作用し、正常な表面の皮膚には全くダメージを与えません。 皮膚は素通りして、毛根だけを破壊するのです。ですから、 皮膚表面に傷痕が残ったり、シミになるような事はありません、皮膚そのものが 炎症を起こしたりすることもありません。また、使用するレーザーは赤外線領域のアレキサンドライトレーザーですので、エックス線や紫外線と異なり、 レーザー光線自体の人体の影響はまったくありません

 

 

敏感肌、アレルギー体質でも問題なし

 

「肌が敏感なのでちょっとした刺激にもすぐ反応してしまいます。色々試してみたのですが、良い脱毛法が見つかりません。」

「アトピー性の皮膚炎です。だから肌に刺激のある脱毛法はお医者さんから止められています。でも、脱毛したいのですが…。」

 

 お肌は女性が最も気にするパーツの一つ。脱毛もその気になる部分を美しくキープする為の行為の一つなわけですから、その脱毛が行えないのはその女性にとっては悲しいことですね。

 確かに今までの脱毛ではどうしても、皮膚に刺激を与えてしまうものがほとんどでした。敏感肌の人や、アレルギー体質の方が行うのにはかなり難しいものがあったと思われます。

 しかし、レーザー脱毛では、そんな心配はありません。アレルギー性皮膚炎の敏感肌も皮膚表面の問題です。レーザー脱毛で使用するレーザーは、皮膚表面は透過し、毛根に直接作用しますので、敏感肌でもアレルギー性皮膚炎でも問題なく施術を受けることができます。とはいえ、アトピー性皮膚炎で皮膚に 色素沈着などを起こしている場合はその部分でレーザーが吸収されてしまうため、脱毛効果が出ない場合があります。ちなみに、話は変わりますが、アトピー性皮膚炎は、別種の医療用レーザーで治療することが可能です。

 その他、皮膚に関する悩みや問題をお持ちの方でも、施術前には十分なカウンセリングや、 施術に関しては完全に医師の管理下で行われますので、 アレルギー体質の方や 敏感肌の人でも 安心して脱毛を受けていただくことが可能 です。

 そればかりか、一度、永久脱毛を受ければ、それ以降はカミソリで剃るとか、ワックスを使うとかいった肌に刺激のある脱毛法から解放されるのです。

 敏感肌の人こそ、医療レーザー脱毛に最適と言えます。

 

 

脱毛後、生えてきてしまった…。レーザー脱毛は大丈夫?

 

「1年以上かけて電気針脱毛で脱毛したのに、また毛が生えてきてしまった。永久脱毛の筈が…。」

「脱毛した後からまた生えてきたという話をよく聞きます。どうしてですか?」

 

といったような口コミと申しますか、体験談や問い合わせが当サイトに複数ありました。

脱毛後、毛が伸びてくるといった場合、2通りのケースが考えられます。

一つは、脱毛処理をしたのとは、 別の毛根から、毛が生えてきている場合。電気針脱毛では、皮膚表面から顔を出している体毛しか脱毛することが出来ません。その為、休眠中の毛やまだ皮膚表面に出ていない毛の処理は、皮膚表面から出てくるまで待たなければなりません。皮膚表面にはたくさんの毛根があります。処理した毛根のスグ隣に休眠中の毛根があり、それが成長期に入り生えだした時に、処理した毛が再び生えてきたと勘違いする場合はよくあります。

その場合は再生したのではなく、寝ていた毛が起き出したわけですから再び処理する必要があります。

 もう一つのケースは間違った箇所に電気針を刺した。または、毛根に届いていなかった等、施術者の技術不足によるもの、施術をしたものの毛根を破壊しきれなかったという場合です。これは、電気針の脱毛の問題点の一つです。

 電気針は針を毛根に正確に刺して、電気を流さなければなりません。毛根の位置やそこに差し込む針の太さなど、その施術にはある程度の熟練が必要となります。施術をする人のテクニックによって左右され、その人の技量によって脱毛が成功するか失敗するかが分かれるので、不確実な方法と言えます。その点、レーザー脱毛では、照射するだけで、そのレーザー光線は毛根のみを選んで確実に破壊しますので、施術をする人間に特別なテクニックは必要ありません。照射漏れの無いように、注意するだけです。

 最初のケースの場合、休眠中の毛はレーザー脱毛でも施術はできませんので、成長期に入った段階でもう一度施術を行う必要はあります。とはいえ、レーザーは皮膚の深い所までしっかりアプローチできるので、エステのように、照射漏れが無いので、10回も20回も通う必要は無く、3回で自己処理が不要になるくらい、5回程度の通いで、ツルツルの永久脱毛が成立します。

医療レーザー脱毛が受けられるクリニックは以下のコンテンツから探せます。
希望の地域から簡単に見つけられます。

医療レーザー脱毛を受けられるクリニック検索はコチラ


掲載企業一覧