脱毛コラム

レーザー脱毛のレーザーって何?初めてのレーザー脱毛

 口コミなどで評判の脱毛方法、医療レーザー脱毛は、その名前の通りレーザー光線で脱毛をしています。皆様の中には、レーザーと聞くと、ちょっと、怖いイメージを持ってしまう方も少なくないのではないでしょうか?  ですので、 これから医療レーザー脱毛を検討されている方向けに、レーザー値はそもそも何か?どんな効果や効能があるのか?映画や漫画、小説に出てくるようなレーザー光線は人を傷つけるイメージがあるので、その辺を明らかにしつつ、実際に安心であることを理解いただければと思います。
 実際、先端技術の中で、レーザーは様々な形で使用されています。レーザーとは簡単に言ってしまえば、人工的に作り出した「光」の事です。通常の光は距離が離れていくにつれて幅は広がり、エネルギーが落ちていきますが、レーザー光線は、ほとんど広がることなく、エネルギーを維持したまま直進していきます。ですから、これまでも、光通信や光情報処理用の光源として、あるいは、人間が到達できない場所の距離測定方法用として、また、その他加熱エネルギーを利用して加熱・加工の分野で広く利用されてきました。最近ではその綿密さから半導体製造の加工の過程でも使われています。
 もっと身近なところでもレーザーを使用している機械があります。CDやDVDがそれです。針の代わりにレーザーが盤面に刻まれた情報を読み取ることで、デジタル化された音を元に戻しているのです。
 レーザーは、1960年に、アメリカのメイマン博士がルビーから発振される光を発見したことから開発がすすめられてきました。レーザーは向かいあった2つの反射鏡を光の共振器の間に、レーザーの活性物質(ルビーや炭酸ガスなど)を置いて、それに光を通す事でエネルギー量の高い光を割出しているのです。この光の特徴は、光の波長が一つしかない単色光であること。虹やプリズムでも分かるように、太陽光線や蛍光灯の光は7色の光を持っています。この7色の光線は一つ一つの波長が違う屈折率を持っています。ですので、距離が長くなったり、障害物があると、光が拡散してしまうのです。一方レーザーは単色光なので、光は全て同じ方向を向いています。集光性(光が拡散しない)、志向性(光が直進していく)に優れているのが特徴です。


医療で使われるレーザー「切る」必要のないレーザー治療

 医療の分野でもレーザーは活躍しています。良く知られているのはレーザーメスでしょう。レーザーの光をすごく小さな点に絞って、それを皮膚に照射しながら動かしていくと、点に凝縮されたレーザーの熱によって皮膚などが切れていく、それがレーザーメスの原理です。レーザーメスで切った断面は、レーザーの熱により切り口はスグに凝固するので、出血を最小限に止めることができます。癌の治療の中で最も有効なのは、癌細胞が存在している周囲を根こそぎ取り除く外科手術ですが、手術は患者さんの体に大きな負担をかけますし、麻酔による副作用も心配されます。ガンの手術の際も、癌細胞を除去した後大量の出血をしたのでは、その出血が初期段階で発見され、比較的小さな範囲にしか存在しないのならば、開腹手術をすることなく、レーザー内視鏡を使用して治療することが可能なのです。レーザー内視鏡とは、内臓の状態を調べる為に使用されていた内視鏡にレーザーを組み合わせたもの。これを患者さんの喉から入れて、モニターで覗きながら、癌細胞をレーザーの照射によって全て焼き殺してしまうというものです。胃がんなどの初期段階では、この方法が取られています。この方法で治療では、傷口がないのも大きな特長の一つです。痛みが無く出血も少ない、このレーザーの特性があるからこそ、医療に用いられているのです。
 更に技術は進歩して、最近のレーザー治療は、さらに発達し、切らない治療を行えるようになりました。
 アザ、シミ、ホクロやいびき、鼻炎も、レーザーメスではなく、レーザーが特定の色に反応するという性質を利用して、細胞の選択的治療を行う事によって治療可能となりました。選択的治療とは、すなわち正常な部分から異常細胞のみを瞬間的に除去する治療方法のことです。この治療法が、昨今のレーザー治療の主流となってきています。切るということが行われないので、当然、患者さんの負担も少なくリスクも低くなり、患者さんの日常生活に影響を及ぼすことはありません。


アザ・シミ・ホクロがレーザーで切らずに治せる仕組みとは?

 レーザーは外科手術だけに用いられているわけではありません。アザ、シミ、ホクロなどの異常色素細胞治療にもレーザーは大きな力を発揮します。単色光の大きな特徴は、その光が一つの色にしか反応しないという点にあります。太陽光線は7つの色に反応する為、光の当たったところ全てに、熱エネルギーを与えますが、レーザーはたった一つの色の部分にしかエネルギーを与えません。白い風船の内側に、黒い風船を入れて二重の風船がある状態を作ります。そこに黒色に反応するレーザー光線を照射するとどうなるでしょうか?すると、外側の白い風船は割れずに、内側の黒い風船だけが割れるのです。このマジックのような働き、これがレーザーの光なのです。
 アザ、シミ、ホクロなど通常の皮膚の色と違った色素異常のレーザー治療では、この性質を利用します。皮膚にアザの色に反応するレーザーを照射すると、アザの原因である細胞にしか反応しないため、アザやシミだけが破壊されます。健康な皮膚には何ら影響がないという訳です。レーザー治療では、アザの下人であるこの異常な色素細胞に向けてレーザー光線を照射し、正常な細胞を素通りし、色素細胞にのみに吸収されて、色素細胞を細かい粒子に分解します。分解された元の色素細胞は体外に排出され、異常色素細胞は消滅、周囲細胞を変わりない正常な皮膚が治療部分によみがえります。これがレーザー治療の原理です。


アザを治す

 一口にアザと言っても症状によってレーザー治療の行い方は異なります。その他皮膚の色調や、強さ、状態、患者さんの年齢、治療部位などによってレーザー機種の選択レベルや、レーザーの出力も異なってきます。
 青アザ(太田母斑や蒙古斑など)は皮膚の浅い所の層と深い所の層の2つに色素細胞が散在している場合が多いのですが、Qスイッチレーザーの開発により、ほぼ完ぺきに治せるようになりました。
 黒アザ(偏平母斑など)は紫外線に対して濃くなる性質があるので、治療前後に紫外線予防を行う事が大切です。
 毛細血管の異常で生じるのが赤アザ。代表的な治療法としては色素レーザーによるものが挙げられます。このレーザー光線は赤い色のみに反応するため、瞬時に血管のみを選択凝固させて、赤アザの原因である以上血管を取り除きます。赤ら顔の治療もこの赤アザの治療に準じて行います。 

シミを消す

 日焼け跡がシミになったり、ニキビの跡が消えない、そんな身近なお肌のトラブル、皆さんの近くでもそんな話はたくさんあるのではないでしょうか?お肌はみなさんが感じている以上に敏感なもの。日焼け、ニキビ、乾燥など外からの刺激だけでなく、栄養の偏りや新陳代謝などの身体の中での変化にも敏感に反応し、シミなどのトラブルが発生することもあるのです。
 こういった日常ありがちなトラブルにもレーザー治療は対応できます。
 シミは軽い色素異常の状態。もちろんシミもレーザー治療で消すことが出来ます。シミを消す原理はあざの治療とほぼ同じ。シミの原因となっているメラニン色素細胞をレーザー光線で分解するというやり方です。
 一言にシミといってもその原因は様々です。シミが皮膚のどの位の深さにまで達しているかによって使用するレーザー治療器や、その照射時間も変わってきます。
 レーザーの照射は小さなシミであれば、1~2秒の照射で終わります。浅いシミですと、レーザーの照射は一回できれいになりますが、深いシミですと2回程度のレーザー照射が必要となる場合があります。
 シミを取った後は10歳近く若返って見えるなんて事もあるようです。

脱毛

 レーザーの光が色に反応することはご理解いただけたかと思いますが、湘南美容外科や、アリシアクリニックなど医療機関で行われている現在のいわゆるレーザー脱毛も同様です。皮膚の色には反応しないようになっており、皮膚の下の数ミリの部分、丁度3ミリ程度の部分に存在している毛根の色に反応するように作られており、毛根部分で黒色のメラニンが分泌されたタイミング、つまり毛の成長が行われている毛の細胞分裂が行われている部分に反応するようにできており、この細胞分裂がおこなわれている部分を毛母細胞というのですが、この部分に反応するように作られたレーザーを照射して、 皮膚には一切反応することなく、毛根部分、この毛母細胞のみを破壊していく事により、毛の再生が行われないようにして、結果、 永久脱毛という効果を成立させているのが、この 医療レーザー脱毛です。