脱毛コラム

Vライン脱毛をするとデリケートゾーンの悩みが減ります。

 Vラインの脱毛は常に人気の脱毛パーツですが、なんだかんだと、検討はするけど、最終的にはカミソリなどで除毛の自己処理することで、過ごしてしまうという人も多いのではないでしょうか?
 そこで、ここでは、Vラインの脱毛を行う事のメリットについて探っていきます。

Vラインは自己処理より脱毛がオススメの理由




Vライン脱毛のメリット

 Vラインは、その形状からVラインと言われており、サロンによってはビキニラインという言い方をしています。ほとんどの人が、カミソリなどを利用して除毛と言う方法で自己処理を行っている人が多いと思いますが、今では、脱毛サロンや医療レーザー脱毛などが技術も向上し、料金も大幅に低減されたこともあり、サロンやクリニックで処理する人も増えてきています。

 まずは、除毛ではなく、脱毛することのメリットについて説明していきます。

チクチク対策

 まず分かりやすいところから。
 自己処理の場合、チクチクした状態になってしまい、下着、水着や、薄手のスパッツなどが引っかかってしまうといった、不快感が生じます。除毛の場合は、早くて翌日、遅くとも数日後には、毛の成長が速い箇所という事もあり、すぐにチクチク状態になりますよね。
 脱毛してしまえば、下から生えてくることもないので、こういったチクチクの不快感から解放されます。

硬毛化対策

 チクチクすることは分かっていても、繰り返しカミソリなどで自己処理を繰り返していると、元々、黒くて太いVラインの体毛は、更に、太く黒くなっていきます。
  硬毛化すればするほど、脱毛サロンの光脱毛などは、効果を発揮しにくくなるので、もし、将来的に脱毛サロンで処理しようと考えているようであれば、早めに光脱毛をしないと、どんどん硬毛化していき、更に光脱毛する為に、余計に長期間サロンに通う事になってしまうので、早めにサロンやクリニックに相談された方が良いでしょう。

匂いの問題を解決?

 意外と知られていないのが、 脱毛することで、アンダーヘアの匂い対策になることはご存知でしょうか?大事な時に匂いがキツかったら、困りますよね。

 性病などの病気でない限り、アソコの匂いの大半はアンダーヘアの存在に原因があるケースもあります。ビキニラインはパンツで普段おおわれている事で、蒸れやすく、発汗しやすいです。特に夏。
 汗自体には匂いはありませんが、汗には空気中を漂う細菌類を呼び集めやすい性質があり、空気中の細菌類が汗に付着し匂いを発生させます。
 また、その汗が、体毛に絡みつき、体臭のように感じてしまうという事が原因です。
  脱毛してしまう事で、汗は体毛という足場を失い、絡みつくことができないので、細菌類が汗に付着して匂いを出すこともなくなります。

 夏場の匂いが気になる人が、両ワキの脱毛をしたら、臭いが少なくなったという経験をされている人が居らっしゃると思いますが、同様の理由で、臭い対策として、Vラインなど、アンダーヘアを光脱毛やレーザー脱毛をされる人も増えています。


自己処理の問題点

 毛の色が濃く太いアンダーヘア、また、アンダーヘアの周辺には、肛門や女性器などデリケートな部分が多々あり、カミソリや脱毛クリームなどでの処理は、リスクが大きいことはご存知でしょうか?

カミソリ

 自己処理の中では、一番スタンダードで、実はリスクが一番少ない処理方法です。ただし、見えにくい部分は、鏡を使いながら処理していくので、一歩間違うと、出血してしまいますよね?また、カミソリの切れ味が良すぎると肌への負担も大きくなるので注意です。
 また、逆剃りをしている人が多いと思いますが、逆剃りは問題です。
 毛が太いアンダーヘアを逆剃りすると、 切れ味の良くないカミソリを使うと、剃るのではなく、毛にひっかけて抜いているケースがあり、抜きちぎるような事をしてしまうと、皮膚への負担も大きいです。
 もし、カミソリを使ってアンダーヘアを処理しているようでしたら、見た目が良くないかもしれませんが、逆剃りは避けましょう。

毛抜き

 アンダーヘアは痛みを感じやすいので、毛抜きで処理している人はかなり少ないと思いますが、念のため。
 もし、将来、脱毛サロンやクリニックで脱毛を検討しているようであれば、絶対にやめたほうが良い自己処理方法です。
 うまく、毛根から毛幹を引き離すことができればよいのですが、 毛根の一部も引きはがしてしまったりすると、毛根に向けて光やレーザーを照射する際に、十分に処理ができない、効果を十分に発揮することができないといった現象が発生します。

 また、毛の色が濃いパーツに多い話ですが、抜き取った後に、毛根から毛が再生してきますが、再生して皮膚から出ようとしたタイミングで、皮膚が閉じてしまって幕ができてしまい、毛穴から毛が生えてこない、つまり 埋没毛を作ってしまう事もあるので、ご注意です。

脱毛クリーム

 専用の薬剤を脱毛したい箇所に塗布して、しばらく時間が経過した後に、洗い流すことで、毛が溶剤で溶けて、処理できる脱毛クリームですが、非常に手軽で広範囲を処理できるので、最近人気になっていますが、毛を溶かすような威力のある溶剤をつかって、デリケートなアンダーヘアを処理するのは、ダメですよ。

 多分、商品のパッケージにも記載されていますが、 アンダーヘアの処理には不向きです。女性器や肛門周辺がただれてしまったら、皮膚科行きになってしまいますよ。

ワックス脱毛

 専用の粘着質の塗料を患部に塗り、しばらく放置後に、専用のシートを充てて、毛をシートに粘着させて一気に引きはがす方法です。
 カミソリや脱毛クリームと異なり、皮膚表面に輪切りになった体毛の跡が残らない上に、1本ずつ処理する毛抜きのような手間を一気に解決できるので、人気の処理方法と言われており、最近では、アンダーヘアのワックス脱毛処理を「 ブラジリアンワックス」などと呼び、ちょっとしたブームになりつつありますが、見えにくい部分でもあり、デリケートなゾーンという事もあり、もし、ブラジリアンワックスをしたいという事であれば、ブラジリアンワックスを専門で扱うサロンで処理することをお勧めします。3000円から5000円程度でできるので、肌トラブルなどのリスクを負って自分でしょりされるのであれば、専門のサロンでの処理をお勧めします。

 ただし、将来的に、光脱毛やレーザー脱毛をする予定があるのでしたら、毛抜きの部分でも申し上げたように、 毛根を傷つけてしまい、効果を発揮できない事態になってしまう事もあるので、もし、光脱毛やレーザー脱毛を検討されているようであれば、あまり推奨できない除毛方法です。


脱毛にかかる期間

 では、実際に光脱毛や医療レーザー脱毛を利用して、Vラインの脱毛をした場合、どの程度の期間かかるのか?何度通う必要があるのか?見ていきましょう。

光脱毛

 数ある体毛の中でも、Vラインの脱毛は毛根の位置が皮膚表面から深い位置にあります。その為、通常のパーツであれば、6回程度の通いで自己処理不要の状態にしてくれることもありますが、深い位置に毛根があるVラインの体毛は、光が届きにくく、 10回以上の通いは必要になります。15回程度の通いになってしまった事例もあります。
 通う間隔ですが、最初の10回程度までは 2か月に1回程度の通いで、数を重ねるごとに、毛根も減っていくので、3か月に1回程度に通う間隔は伸びていきます。

医療レーザー脱毛

 1回の施術料金が光脱毛と比較すると高額になるので、最初から医療レーザー脱毛を選択する人は少ないかもしれませんが、光脱毛と異なり脱毛マシンの出力は強く、永久脱毛ができるという点で魅力として、サロンで失敗した人が通うケースが増えています。

 毛根が深い位置にあってもしっかりと毛根までレーザーを届かせます。早い人で 5回程度、時間がかかる人でも、8回から10回程度で卒業できます。
 通う間隔は大体 2か月に1回程度の通いがスタンダードです。


どの位の費用でVラインの脱毛ができるの?

 サロンやクリニックによって、かなり料金が変わってきます。当サイトでお勧めするのが、サロンの光脱毛であれば、ミュゼプラチナムでしょう。医療レーザー脱毛であれば、首都圏にお住まいであれば、渋谷美容外科クリニックで、それ以外の地域でしたら、湘南美容外科です。

ミュゼプラチナム

 ほとんどのサロンが、回数コースで料金設定をしていますが、光脱毛では、Vラインのような体毛は何度通う事になるか分かりません。10回で済むのか?15回かようのか?それ以上か?
 ですので、回数コースは正直、どの程度の費用が最終的にかかるか見えにくいので、 回数と期間が無制限のミュゼプラチナムのVライン脱毛の「Vライン美容脱毛完了コース」 コースをお勧めします。 税込み3600円で期間も回数の上限なく、納得するまで通う事ができます。
ミュゼプラチナムのVライン料金表
コース名 回数 料金
Vライン美容脱毛完了コース 無制限 3,600円

渋谷美容外科クリニック・湘南美容外科

 通う回数は5回程度で、自己処理が気にならない程度の処理が完了します。完全にツルツルにしたいのであれば、8回と言う選択肢もありますが、 5回で十分でしょう。
 また、渋谷美容外科クリニックは 23時まで予約が取れるので、仕事帰りなどでもより安く営業時間が長いので、予約の取りやすさでも定評があります。
渋谷美容外科クリニックのVライン料金表
コース名 回数 料金(税別)
Sパーツ脱毛 3回 4,800円
Sパーツ脱毛 5回 8,000円
Sパーツ脱毛 8回 12,800円

 また、湘南美容外科は 学割の制度があるので、学生の方は是非活用してもらいたいと思いますが、料金面では、渋谷美容外科クリニックには及ばないまでも安い料金設定と言えます。
湘南美容外科クリニックのVライン料金表
コース名 回数 料金(税込み)
Sパーツ脱毛 1回 6,070円
Sパーツ脱毛 3回 17,410円
Sパーツ脱毛 6回 28,750円
Sパーツ脱毛 9回 39,280円

関連コラム

掲載企業一覧