脱毛コラム

関西で月額定額制の全身脱毛で費用対効果ならエステタイム

 最近では月額定額制の全身脱毛と言う言葉が市民権を得られたか、各サロンでサービス提供を開始しています。東京や首都圏では、結構一般的になっていますが、まだ、関西圏では、それほど、実施しているサロンは多くありません。
 その中で、地場の関西圏限定のサロンになりますが、エステタイムは全国展開している大手サロン以上に良心的な料金になっています。
 ここでは、エステタイムの月額定額制の全身脱毛がいかにお得な条件になっているかを解説していきます。




月額定額制の全身脱毛は安いわけではない

 エステタイムの月額定額制の全身脱毛のメリットをお伝えするコンテンツではありますが、まず前提として誤解してほしくないことがあるので、冒頭に申し上げると、「 月額定額制の全身脱毛が安いわけではないという事 」を認知ください。
 携帯電話の端末代を思い浮かべてください。端末料金が10万円のスマホも2年で分割で支払えば1か月約8,300円になります。
 ですので、大幅に全身脱毛代金が安くなったわけではありませんので、ご注意ください。


エステタイムのプラチナショットは両ワキやVIO向け

 全身脱毛はこの後に説明するように、料金の安さもどこのサロンと契約するかの判断基準で重要なファクターになりますが、無駄なコストを下げることも重要です。脱毛サロンの契約で顧客から発生する無駄なコストは、しっかり通えることです。

 特に脱毛サロンの場合は、 脱毛の際に生じる痛みが無駄なコストのその原因です。
 一般的なパーツであれば、それほど、痛みにストレスを感じることはありません。ですが、両ワキやVIOなどのアンダーヘアはそうはいきません。特にVIOは一番、痛みを感じやすいパーツで、神経が人間の体の中で一番集中している箇所で、毛根を熱で処理する際に、その熱が痛みとして伝わってしまいます。
 個人差があるので、絶対とは言いませんが、 その痛みが原因で、VIOの施術の時は、途中でギブアップしてしまうといった人も少なくありません。また、 担当者にお願いして、少しずつ様子を見ながら施術してもらった結果、その日の通いが途中で終わってしまったという話もよく聞きます。
 つまり、アンダーヘアや両ワキに関しては、痛みが原因で、1回分をフイにしてしまうといった事例があるという事です。

 ところが、この後、安い料金で話を進めていくエステタイムには、痛みへの対策が講じられている脱毛マシンを使用している、脱毛の質の高さも評価されている。

 エステタイムの独自の脱毛マシンは、 1秒間に平均5回程度の光の照射が一般的な脱毛マシンで、それに対して、エステタイムの脱毛マシンであれば、 1秒間に10回の連射が行われるといった照射漏れリスクがかなり少ない点と、短時間で広範囲をしっかり処理できるといった点がエステタイムの脱毛マシンの特長としてよく取り上げられますが、私からすると一番の特長は、アイシングシステムだと思っています。

 脱毛の際に特にVIOラインは上述の説明通り、神経が一番集中している箇所で、痛みが他のパーツよりも圧倒的に強く、途中であきらめ気味なパーツです。
 とは言え、VIOラインは同時に、一番脱毛をしっかり行いたい箇所の一つでもありますよね。
 その点、 エステタイムのアイシングシステムは理論がかなっており、 脱毛の際に生じる痛みは熱処理の際にその熱が付近の過敏な神経に伝わってしまう事が原因であれば、熱が神経に伝わる前に冷やしてしまえばよいのです。分かりやすいですよね。
 痛みを完全になくすことは実際できませんが、緩和させることはできており、脱毛の際の痛みが苦手な人や敏感肌の人には、無料カウンセリングで脱毛のバッチテストを受けることが可能なので、実際にエステタイムの体験をしてみて、他のサロンの脱毛との違いを体験してから検討してみてはいかがでしょうか?


関西圏の月額定額制の全身脱毛比較

 では、関西圏の脱毛サロンで、月額定額制の全身脱毛を実施しているサロンの料金や料金体系、サービス内容を比較していきましょう。

サロン名 月額 顔含む VIO含む 通う回数 通う頻度 備考
脱毛ラボ 1,990円 毎月 毎月 1年をかけて全身1回
エステタイム 4,500円 年6回 年6回 2回で全身1回分
シースリー 7,500円 3か月に1回 3か月に1回 1回で全身1回
エステタイム 9,000円 年6回 年6回 1回で全身1回
キレイモ 9,500円 2か月に1度 1回で全身1回 -

その他サロン、レイビス、PMK、リンリン、銀座カラー、ラココなどと比較しましたが、月額9000円以上という事もあり、料金面でそもそも、エステタイムの方が安いので、比較対象から外しています。

エステタイムの月額定額制プラン

 エステタイムの月額定額制の全身脱毛プランは2つあり、一つは2回の通いで全身1回を行う月額4,500円の料金プランですが、年6回の回数が決まっているので、1年で3回分しか全身脱毛をすることはできませんので、比較対象から外します。
 もう1方の9,000円のコースは同じく年6回通えますが、1回で全身1回分の施術を行えるので、つまりは年で6回の全身脱毛をすることができます。

脱毛ラボとエステタイムの比較

 脱毛ラボは比較表のとおり料金だけを見ると、月額1,990円という料金だけを見ると、圧倒的に安い料金で設定されています。
 単純に単価をメインに考えるのであれば、脱毛ラボの方がオススメですが、問題が1点あり、 毎月通えますが1回での施術は全身の1/12という事で、全身の処理には12回通うひつようがあり、つまり1年をかけて、全身1回分となります。
 かなり、気長な脱毛計画になってしまいます。

シースリーとエステタイムの比較

 シースリーの脱毛の内容は、唯一エステタイムよりお得な料金体系になっていると言えます。月額では、エステタイムの9000円のプランと比較して1500円月額にして安い料金設定になっています。
 もし、比較すべき点があるとすれば、通う頻度です。エステタイムの月額9,000円のプランは2か月に1回の通いで全身全てを処理しますが、 シースリーのプランは通う頻度が3か月に1回ですので、脱毛完了のタイミングを考えると、エステタイムより遅くなります。ただし、価格面で考えるとシースリーの方が安く、どちらがお得になるか、何とも言えないところです。

キレイモとエステタイムの比較

 キレイモとエステタイムでは、通う回数や頻度も同じ条件ですが、キレイモの方が 500円高いですね。料金だけを比較するとエステタイムの方が安いですが、キレイモの場合は、テレビCMをするくらいの大手ですので、大手の安心感と、キレイモの場合は スリムアップ脱毛と言う効果を謳っており、引き締め効果もあるそうです。

関連コラム

掲載企業一覧