脱毛コラム

レーザー脱毛後にアルコールは危険!?お酒飲んじゃった時の対処法は?

レーザー脱毛後にアルコールは危険!?お酒飲んじゃった時の対処法は?

レーザー脱毛後、アルコールを摂取すると血行が良くなり肌の赤みやかゆみ、ヒリヒリ感などの肌トラブルが起こりやすくなるので飲酒は避けましょう。脱毛後は約12時間~24時間ほどで飲んでもOKというケースが多い傾向にあります。

もし飲んでしまいトラブルが起こった場合は、どうしたら良いのでしょうか?



【脱毛当日にお酒を飲んではいけません】

レーザー脱毛は半永久的にムダ毛が生えなくなる、永久脱毛として人気の脱毛法です。比較的肌へのダメージも少ないレーザー脱毛ですが、脱毛後にお酒を飲むのはNGとなっています。

なぜ、アルコールを摂取するのはNGとされているのか、レーザー脱毛を始める際は事前にチェックしておく必要があります。

また、もし飲んでしまった時の対処法や、いつからアルコールOKとなるのか、脱毛翌日に飲み会がある場合などの気になるポイントをまとめてみました。



レーザー脱毛後にアルコール(お酒)を飲んではいけない理由と飲んじゃった時の対策




レーザー脱毛後にお酒の飲んではいけない理由は?

なぜ、レーザー脱毛後にお酒を飲んではいけないのかというと、アルコールの作用によって血液の流れが良くなるからです。お酒と血行、あまり関係ないように感じるかもしれません。実はレーザー脱毛の後にお酒を飲むという行為は、肌の赤みやかゆみ、ヒリヒリ感といった肌トラブルのリスクが増してしまうと言われています。

レーザー脱毛は高温で毛根自体を破壊し、ムダ毛を処理するという脱毛法です。施術直後の肌はレーザーによって、熱がこもっている状態となっています。この状態の時にお酒を飲むと血行が促され、より体温が上昇します。

すると、さらに体に熱がこもってしまうので肌の赤みやかゆみにヒリヒリ感などの症状が、起こりやすくなるのです。



【なぜお酒NGなの?】

結構が良くなることで代謝がよくなり赤みや痒みが出てしまう可能性があるため



お酒飲んじゃった!なにか対策はある?

レーザー脱毛後にお酒を飲むのはNGですが、ついつい飲んじゃったというミスをしてしまうかもしれません。万が一、飲んじゃった場合には何か対策する必要があるのでしょうか。脱毛後、飲酒をした場合にはアルコールの作用で血行が良くなり、肌に赤みやかゆみが出るリスクがあります。

もし、このような症状が強く現れた場合には軟膏を塗って対処しましょう。すべての医療機関で処方されている訳ではありませんが、脱毛後に軟膏を処方してくれるクリニックもあるようです。軟膏を塗ることによって、早めに赤みやかゆみといった症状を抑えることができます。

処方された軟膏を塗布しても症状が軽減しないという時は、氷などを使い患部を冷やすのもおすすめです。



【肌トラブルが起こった時の対応】
  • 軟膏を塗る
  • 保湿をする(症状がひどい場合は辞めた方が良いこともあります)
  • 患部を冷やす
  • 通っているクリニックに連絡(良くならない・悪化した場合)


脱毛後いつからならお酒の飲んでも良いの?

レーザー脱毛を受ける場合、飲酒はNGとなっています。ですが、ずっと飲んではいけないという訳ではありません。いつから飲んでも良いのか、何時間空ければOKなのか気になるところです。いつからお酒がOKとなるのかというと、脱毛翌日から(24時間以上空けると安心)というのがベストと言われています。

アルコールは体内に吸収されて血中濃度が上がり、約30分から2時間ほどでピークを迎えたのち、少しずつ下がっていくという特徴があります。こう聞くと2時間ほどで脱毛OKとなるのでは?と感じる人もいるかもしれません。

この30分から2時間というのはあくまで平均で、アルコールの分解速度には個人差があります。何時間お酒を控える必要があるのかというと、脱毛の前後12時間が目安の1つです。肌への負担を考えるなら、24時間空けるのがおすすめです。

脱毛前日と当日、翌日の計3日間禁酒すれば問題ないでしょう。



【いつからお酒を飲んでも良いの?】

最低12時間空けること。安全性を考慮するには前日・当日・翌日はお酒を控えるようにしましょう。



脱毛翌日に飲み会があったらどうすればいい?

レーザー脱毛を受ける前後の約12時間は、肌トラブルのリスクを避けるためお酒を控える必要があります。ただ、場合によっては脱毛翌日に飲み会ということも出てくるかもしれません。肌への負担を考えると飲み会自体を断ってしまったり、参加してもノンアルコールにするという対処法もあります。

ですが上司や友人との付き合いとして、どうしてもお酒を飲まなければいけないケースも、出てくるかもしれません。このように飲酒を避けられない飲み会であれば、思い切って脱毛の予約を変えるというのがおすすめです。

人気の医療機関という場合、予約をキャンセルしてしまうと次の施術までに、数か月ほど期間が空いてしまうことも考えられます。
脱毛翌日に飲み会がある場合は、できるだけ断ったりノンアルコールにする、どうしても避けられない時は、脱毛の予約自体を変えて対処すると良いでしょう。

本当は飲み会を断れたら一番なんですけどね…。そう上手くいかないことの方が多いですよね…。

肌のことを考えるなら肌に優しい脱毛をおすすめします。

エスラボクリニックは料金が安いことはもちろん、2種類のマシンを用意しているので自分に合った方法を選択することができます。

プラン詳細を見る
この記事を書いた人
ミキ

ミキ

元美容クリニックのカウンセラーです!現在OL。家族とまったり暮らしています。カウンセラー時代にお客様から聞いた悩みなどを元に、脱毛選びのポイントをまとめています。料金面も考慮して、おすすめの医療脱毛を紹介します!


関連コラム

新着コラム

ページのトップへ