脱毛コラム

レーザー脱毛後、赤みが治まらないのはやばい!?対処法を知っておくべき!

レーザー脱毛後、赤みが治まらないのはやばい!?対処法を知っておくべき!

レーザー脱毛は肌への負担が大きい施術だと言われています。そのため施術後に肌の赤みが残ってしまうこともあるでしょう。どのくらい症状が続くのかということや、症状が出てしまった時の対処法について確認しておくのがおすすめです。


【脱毛したら肌が荒れる?】
レーザー脱毛では強力なレーザーを肌に照射することになります。それによって毛根からムダ毛を破壊するという仕組みです。そのため毛穴以外の部分にもダメージが加わることになります。
熱によるダメージが肌の水分を奪うことにより、バリア機能が低下してしまいますし、肌は通常よりもダメージを受けやすい状態になるのです。
施術後の赤みは多くの人に出る症状ですが、特に肌が弱い人や敏感肌の人などに起こりやすいということです。


レーザー脱毛を受けた後に赤みが出来てしまったらどうする?




レーザー脱毛で赤みが引かないのはやばい?

レーザー脱毛を受けたら赤みが出てしまったという口コミを聞いたことのある人も多いでしょう。脱毛施術では強力なレーザーを肌に照射することになるため、肌は乾燥しやすくなります。それによって健康な状態よりも炎症を起こしやすくなると言われています。肌に炎症が起こると腫れやかゆみ、痛みを伴うこともあります。

レーザー脱毛後の肌の赤みはほとんどの人に起こりますが、3日~1週間以内で治まることがほとんどです。症状が軽い場合はあまり心配しなくて良いでしょう。しかし、人によっては軽い火傷状態になってしまうこともあります。

肌トラブルを避けたいという場合、敏感肌の人やもともと肌が弱い人は事前にスタッフに相談しておくのがおすすめです。


【脱毛後の赤みについて】
3日~1週間程度で収まる場合は心配なし


顔脱毛で赤みが出てしまった場合はどうしたらいいの?

顔は体と比べて皮膚が薄くデリケートな部位です。そのため赤みが長く続く傾向にあるということです。どのくらい症状が残るのかは個人差もありますが、3日程度は続くことが多いです。赤みが出ている間に外出する時はマスクなどで隠すと良いでしょう。

顔脱毛を受けてから1週間以上赤みやかゆみが続く場合、施術を受けたクリニックに相談してみることが大切です。レーザー脱毛後は炎症を鎮めるため、日焼けを避けたり激しい運動を控えることがポイントです。

レーザー脱毛後には軟膏としてステロイドが処方されることが多いです。ステロイドには肌の炎症を抑える効果があるため、肌トラブルを予防する効果が期待できます。ステロイドでケアをする場合、正しい塗り方や注意点を確認しておきましょう。


【顔脱毛後の赤みについて】
1週間以上続く場合はクリニックに電話して確認してみる


赤みが起こりやすい部位は?

レーザー脱毛は肌への負担が大きい施術ですが、特に赤みの起こりやすい場所というものがあります。ワキやVIO、すね、顔などの施術を受けようと考えている場合は注意しましょう。レーザー脱毛で使用される特殊なレーザーは、メラニン色素に反応するという仕組みです。

そのためメラニン色素の多い部分には強く反応するということです。濃く太い毛が生えている部位や毛が密集している部位などは、施術時に発生する熱がこもりやすくなりますし、肌の表面に影響が出やすくなるということです。

また、顔など産毛しか生えていない部位でも、皮膚が薄くデリケートな場合や乾燥しやすい場合などは赤みのリスクが高くなります。顔脱毛を受ける場合、赤みが数日続いてしまうこともあるため、しっかり予定を立てておきましょう。


【赤みが起こりやすい部位】
  • VIO
  • スネ


どれくらい赤みが続くと危険なの?

レーザー脱毛後の肌の赤みはどのくらい続くと危険なのか知りたい人もいるでしょう。ほとんどの場合は2~3日以内で治まっていくということです。肌が弱い人の場合は症状が長く続くこともありますが、1週間程度で治まることが多いです。

1週間以上症状が続く場合や色素沈着がある場合、火傷を起こしている可能性があるので注意が必要です。痛みなどがある場合も早めに施術を受けたクリニックに相談しましょう。

日焼けした肌に施術を行った場合や、使用するマシンに問題があった場合などは火傷のリスクが高まります。火傷のリスクを避けたいなら、信頼できるクリニックを選ぶことが大切です。レーザー脱毛は肌への負担が大きいですが、技術力のあるクリニックを選べば肌トラブルは起こりにくくなります。



【おすすめ医療脱毛】

【Mビューティークリニック】の詳細

【ビューティースキンクリニック】の詳細

【アリシアクリニック】の詳細