初めての方へ

医療レーザー脱毛は永久脱毛なの?

2017.05.17
エステの脱毛と比較すると、「高い」というイメージがついている医療機関で行われる医療レーザー脱毛ですが、確かに高額なイメージがついて回りますが、評判や口コミなどを見てみると、意外と料金は安いという事が言えます。
 それは、医療レーザー脱毛が永久脱毛だからです。
 また、安心感という意味でも医師が施術を行ってくれるという事で、最近では医療レーザー脱毛の効果と安心感で評判や口コミも増えてきています。
 エステの脱毛と何が違うのか?効果や費用面などからメリット、デメリットを見ていきます。

医療レーザー脱毛の効果やメリット、デメリット



1.エステの脱毛は永久脱毛じゃない?

 医療機関で行われる医療レーザー脱毛だけが永久脱毛という効果を保証しています。
 エステで行われている光脱毛は永久脱毛ではありません。
 法律で永久脱毛は医療行為として定められており、医師が行う医療行為として定められています。
 似て非なる効果の医療レーザー脱毛とエステの光脱毛の違いとは?

1-1.医療レーザー脱毛の仕組み

 医療レーザー脱毛は毛根の成長の仕組みを利用した脱毛方法です。
 毛根では、毛を伸ばす行為を繰り返しています。毛根の中の毛乳頭という組織が、血液から毛を伸ばすための栄養を集めるために、血管に毛乳頭が付着します。
 毛乳頭は、血液から栄養を吸収すると、その栄養素を毛母細胞に運びます。
 毛母細胞は、栄養を元に、細胞分裂を繰り返していきます。この細胞分裂の結果、毛根から毛幹を伸ばし、毛穴から体毛として顔を出して伸びていくようになっています。

 毛母細胞が細胞分裂を行う際に、毛を伸ばすだけではなく、日本人の体毛が黒色になる理由ともいえる黒色のメラニン色素を分泌していきます。

 この 毛母細胞から分泌された黒色のメラニン色素には、脱毛マシンから照射されたレーザーの光を吸収する性質を持っており、 レーザーの光を吸収した毛母細胞は、高熱を発生させ、この高熱が毛母細胞の細胞膜を破壊してしまいます。
  毛母細胞を破壊されてしまったので、この毛根からは、細胞分裂が行われることが無くなる。つまり、毛は生えてこなくなるという事です。その結果、永久脱毛という結果をもたらしてくれます。

1-2.エステの光脱毛は効果が弱い

 エステの脱毛コースや脱毛サロンで行われているフラッシュ脱毛、別名、光脱毛は、医療機関で行われている医療レーザー脱毛と施術方法は同じですが、効果は全く異なります。

 エステの脱毛マシンは、医療レーザー脱毛で利用される脱毛マシンと比較すると、 出力が弱く制限されています。
 そのため、 毛母細胞を破壊することはできず、毛母細胞を傷つけることが精いっぱいで、傷をつけた結果、毛母細胞の再生にかなり時間を要し、 毛が再生してくるまでの期間をかなり先送りさせることができるという効果で、脱毛というよりも制毛といったところでしょうか。

1-3.ビキニラインや両ワキなど濃い毛が得意

 医療レーザー脱毛の脱毛マシンと、光脱毛の脱毛マシンの違いは、脱毛マシンの出力が違うという事と、出力が異なることで効果にも違いがある点は上述の項で説明させていただきましたが、大きく効果が異なってしまうパーツがあります。

 両ワキや、乳輪、へそ周りであったり、ビキニライン(Vライン)や、VIOラインといったようなアンダーヘアなどの剛毛、太くて黒色が濃い毛はエステの脱毛マシンで施術した人が、「効果を感じない」、「何度繰り返し通っても結果が伴わない」といった話を聞いたことありませんか?

 上述のような色が濃く太い毛は、他の体毛と比較すると、皮膚表面からの毛根の位置がより深い位置にあることが多く、深い位置にあるために、 出力を抑えられている脱毛サロンやエステサロンの脱毛マシンでは、光を毛根まで、しっかりと届かせることができず、効果を発揮しきれないといったケースが多くあります。

 その点、医療レーザー脱毛の場合、出力に関しての制限はなく、また、医師が施術箇所とその人の体質に合わせて、出力調整をして、施術してくれるので、 医療レーザー脱毛はどんな深い位置にある剛毛の毛根にもしっかりと光を照射することができるので、効果が全く違います。

1-4.顔の産毛だって得意

 上述の項の逆で、顔の産毛のように、細くて色が薄い毛に関しても、エステや脱毛サロンのフラッシュ脱毛の脱毛マシンは得意としていません。
 脱毛マシンがそもそも、毛根部分で細胞分裂をする際に分泌する黒色のメラニン色素が反応する仕組みを利用して成り立っている以上、 色が薄い産毛は、剛毛よりも強敵です。
 出力が弱いエステや脱毛サロンの光脱毛のマシンでは、なかなか解決できません。
 その点、医療機関で実施できる 医療レーザー脱毛は出力が強力なので、光脱毛の脱毛マシンよりは、結果を出すことができます。

 顔の脱毛は脱毛後の毛穴が自然と閉じていき、きめ細かい美肌になるという事で、かなりニーズはありますが、もし、これから顔脱毛を検討されるようでしたら、医療レーザー脱毛も検討に加えておいた方が良いでしょう。


2.脱毛完了までの費用はレーザー脱毛の方がお得?

 基本的には、医療レーザー脱毛の方が高額です。
 ですが、エステの脱毛マシンでは、満足いく結果が出るまでに10回以上通わなければならないケースも多く、 平均6回の通いで効果を出す医療レーザー脱毛の方が トータルでかかる費用で考えると、比較的安く 済みます。
 また、 通う回数が少なく済むので、通う期間も圧倒的に少なくなるといったメリットもあります。


3.痛みが苦手な人には不向き?

 医療レーザー脱毛の唯一の欠点というか問題点というと、脱毛の際に生じる痛みです。
  毛の色が濃く太い剛毛の個所の脱毛は強い痛みを感じることがあります。
 他の体毛と比較すると、毛の色が濃く太い毛は、毛根が深い位置にあることが多く、付近に神経が集中している事があります。
 ビキニライン(Vライン)、VIOラインなどのアンダーヘアや、両ワキなどは、付近に神経が多くは知っており、脱毛の処理の際に生じる熱処理の熱が痛みとして神経に伝わります。
 男性のヒゲなどは、毛根の密度が濃く、顎や鼻下、口周りなどは、脂肪も少なく、即神経に伝わりやすい場所という事で、痛みに耐えられず、通えなくなってしまったという事例もあります。
 とは言え、痛みに対して無策という訳ではなく、クリニックなどがどういった形で、痛みにアプローチしているのか紹介していきます。

3-1.ハンドピース付きの脱毛マシンで痛みを緩和

 脱毛マシンにハンドピースという摘みがある脱毛マシンがあります。
 肘を伸ばした状態で、肘をつまむと痛くないですよね?
 つまむことで、 神経と毛根を引き離して処理を行うという事で、痛みを緩和します。
 そういったハンドピースが搭載されている脱毛マシンを用意している医療レーザー脱毛クリニックもあります。

3-2.瞬間冷却装置付きの脱毛マシンで痛みを緩和

 ムダ毛を処理する方法は、毛根に対するレーザー照射による熱処理です。
 熱が神経に痛みとして感じさせることが問題という点に着目した脱毛マシンもあります。
 瞬間冷却装置付きの脱毛マシンです。
 脱毛マシンがレーザーを照射して毛根を熱処理するタイミングで、ほぼ同時のタイミングで、 マイナス3度くらいの瞬間冷却を患部に行い、熱が痛みとして神経に通じないように、痛みを感じさせないように施術 を行う、瞬間冷却装置付きの脱毛マシンもあります。

3-3.麻酔で痛みを緩和

 別料金を支払っても、完全に無痛にしたいという人には、医療機関で施術するメリットともいうべき、麻酔という処理を脱毛前に実施することも可能です。
 料金でいうと、平均ですが、 大体1回3000円程度です。
 麻酔というと注射のイメージが先行しますが、簡単に部分麻酔する方法も増えています。

3-3-1.笑気麻酔
 鼻から吸い込む事で無痛状態にすることができる麻酔方法で、広範囲を処理する時に便利な麻酔方法です。

3-3-2.麻酔クリーム
 部分麻酔のスタンダードがこの麻酔クリームです。表面麻酔ともいわれています。 塗布した部分だけ痛みを感じさせなくすることができます。

掲載企業一覧