脱毛コラム

脱毛特有の痛みが苦手な人のお勧め脱毛サロン・クリニック

脱毛サロンやエステサロンで現在、主流となっているフラッシュ脱毛や、美容外科や、形成外科、美容外科、皮膚科などのクリニック、医療機関で行われている医療レーザー脱毛が現在、人気の脱毛法となっていますが、脱毛の施術方法がどうしても、輪ゴムを弾いたようなバチン!という痛みがあります。

 痛みが苦手という人も少なくありません。

 ここでは、そんな脱毛の際に発生する痛みが苦手な人向けに、お勧めのサロンやクリニックの情報をお伝えしていきます。

 

そもそも、脱毛の際に生じる痛みとは?

 痛みの原因が分からないと、各サロンやクリニックの痛みに対する対処がどれだけ、効果的な内容になっているのかのイメージ付きづらいかと存じますので、まずは、痛みの発生原因を分かりやすく説明します。

 よく「輪ゴムを弾くような痛み」と言いますが、別に肌に輪ゴムを弾くわけではありません。まず、脱毛方法ですが、サロンで行われているフラッシュ脱毛も、医療機関で行われている医療レーザー脱毛も、効果は異なりますが、仕組みは近いものがあります。

 皮膚の肌の色には反応しない光やレーザーを脱毛マシンから照射します。皮膚の色には反応しませんが、皮膚の下の数ミリ、パーツや毛の状態などで若干の上下はありますが、3ミリから5ミリ程度の深い位置にある毛根に反応するようになって作られています。

 具体的には、毛の成長を抑制するという結果で脱毛になるのですが、毛の成長というのは、毛の先が単純に伸び続けているのではなく、体内を流れる血液が、人体のあらゆるパーツに欠かせない栄養素を運んでいるのですが、毛も同様で、毛根にある毛細血管がこの血管から、栄養素を吸収し、毛母細胞に運んでいきます。栄養素を受け取った毛母細胞が、細胞分裂を繰り返します。細胞分裂を繰り返すと、よくテレビなどで、毛の細胞を顕微鏡で拡大した図がでてきますが、まっすぐ上に伸びているのではなく、幾重にも重なっている図が出てくると思いますが、そういった形で毛母細胞が細胞分裂を繰り返すことで、幾重にも重なって毛を伸ばしていきます。

 この毛母細胞が細胞分裂を繰り返す際に黒色のメラニン色素を分泌します。この黒色のメラニン色素は、脱毛マシンから照射される光やレーザーを集めやすいという特長があり、吸収した光やレーザーは、高熱を発し、毛根を処理していきます。

 この高熱が厄介で、一般の体毛であれば、痛みを感じることは少ないですが、毛の色が濃い、太い毛が問題です。

 例えば、両わきの毛や、ビキニラインなどのアンダーヘアの毛、カミソリなどで自己処理を繰り返して色が濃く太くなってしまった腕や足の毛などは、毛根の位置が深い位置にあり、付近に、神経細胞などが流れている事が多く、脱毛の際に発生する上述の熱で痛みを感じてしまうという内容です。

 この痛みは耐えられない痛みかどうかは、個人差がありますが、確かに痛みはございます。また、男性のヒゲなどは、特に痛みが強く、密度が高く、濃い方は、覚悟が必要です。特に、位置としては、口の周り、鼻の下、フェイスラインと呼ばれている顎の骨周辺は脂肪が少なく、皮が薄い為に即神経に直結し、痛みに耐えられない人もいます。

 

 

ジェイエステティックの冷光ヒアルロン酸進化脱毛

 全国展開しているエステサロンで痛みに対して有効な処置をしている点で言えば、ジェイエステティック冷光ヒアルロン酸進化脱毛が挙げられます。

 どちらかと言うと、脱毛後の美肌効果のイメージが強いサロンではありますが、痛みに対策もしっかりとれています。

 痛みの原因が脱毛の際に生じる熱に問題があると考えた為に、照射する光自体を冷たくするという方法で、ジェイエステの独自の脱毛マシンで、痛みを和らげるようにできています。

 ちなみに、美肌効果の点ですが、脱毛前と脱毛後に、美肌成分であるコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などの成分を塗布し、皮膚の活性化、つまり、古い角質を落とし、新しい角質を呼び起こす事で、脱毛後の乾燥肌から、逆に、新しい肌を生成させて、プルプルの肌にしていくという、脱毛後の皮膚にはありえない、肌の弱い人などには、お勧めの処置方法を採用しています。

 

 

ディオーネのハイパースキン脱毛

 脱毛サロンディオーネの脱毛方法は、ハイパースキン脱毛と呼ばれており、従来エステサロンが行っているフラッシュ脱毛とは異なります。

 フラッシュ脱毛は、毛根を高熱で処理していく為に痛みを伴うというのは冒頭部分の項で説明させていただいた通りですが、ディオーネの脱毛方法は独特です。

 ディオーネの脱毛方法は毛が生えてくる前の毛根になる前の毛の種に対して、光を照射していきます。つまり、脱毛と言うよりは発毛予防と言えるでしょう。しかも、この光ですが発生する温度が38℃程度の人肌に近い温度の為に、痛みを感じません。

 脱毛後の肌の荒れなどを期にされる方にも推奨できる脱毛方法と言えます。

 通常の脱毛は冒頭部分で説明した通り、毛母細胞が細胞分裂する際に分泌される黒色のメラニン色素に対して処理を行っていくものです。この毛根部分が毛をのばしている状態の事を毛の成長サイクルである毛周期では、成長期という言い方をします。成長期の毛は体毛全体の3割程度で、成長期を終えると、退行期を迎えて、毛が自然と落ちていくと、休止期となります。ほとんどの毛は、休止期で、フラッシュ脱毛や医療レーザー脱毛は背成長期の毛を相手にしなければならないので、他の休止期の毛が成長期になるのを待って、再度通う必要が出てきます。

 しかしながら、ディオーネで採用されているハイパースキン脱毛では、デメリットとしては、現在生えている成長期の毛には、効果を発揮することは難しいのですが(完全に無効という事ではありません。)、休止期のこれから毛根になる毛には、効果を発揮することができます。

 ただし、休止期の毛に効果を発揮していくので、目に見えて抜けていくフラッシュ脱毛や医療レーザー脱毛に比べると見た目の達成感は劣ります。

 また、脱毛の光に、フォト美顔の効果もあるので、シワや、シミ、ニキビ、ほうれい線、シワなどが気になる人には、脱毛だけではなく、こういった肌の問題にもアプローチできます。

 

 

ソプラノ脱毛

 医療レーザー脱毛の一種ですが、痛みを感じたくないという1点に置いて、かなり効果を発揮する脱毛方法と言えます。

 医療レーザー脱毛は、エステの脱毛より、効果が高く、永久脱毛の効果を発揮します。その為、脱毛マシンの出力が高く、痛みはかなり伴います。

 その為、途中でリタイアされてしまう人も少なくないほどです。特に男性のヒゲなどは、耐えられないという人もいるくらいです。

 そこで、登場したのが、このソプラノ脱毛です。

 従来のレーザー脱毛は、上述の部分などでも説明していますが、皮膚には反応せず、毛根だけを集中して、ピンポイントでレーザー照射で発生する熱で毛根を処理していく方法で、この熱が痛みに直結するという事でしたが、ソプラノ脱毛では、毛根にピンポイントで熱を照射する方法ではなく、毛根全体である毛包部分に照射を行います。

 分かりやすく言えば、1本ではなく、照射された範囲の毛包全体に熱を分散させていき、処理を行うという事です。

 また。レーザーの光が分散されるという表現では、効果も分散されてしまうと思われてしまうかも知れませんが、そんなことはありません。

 分散された分、レーザーの高速連射をするので、結果として、一般のレーザー脱毛と同様に永久脱毛の効果を得られます。ただ違いは、全体に照射していくという点と、高熱を伴わないので、痛みが無いという2点です

 現在、このソプラノ脱毛を採用している医療機関は当サイトで掲載しているクリニックの中では、湘南美容外科と、レヴィーガクリニックがソプラノ脱毛を採用しています。

 

 

麻酔処理

 痛みに対する効果という点に置いては、一番、間違いのない効果と言えるのが、この麻酔です。麻酔を行えるのは、もちろん医療機関です。エステや脱毛サロンでは処方できません。ですので、効果は永久脱毛の医療レーザー脱毛における麻酔という事になります。

 麻酔と言うと世間一般的には、注射を打っての麻酔処理というイメージがあるかと存じますが、注射などは行いません。

 大きく2種類あります。1つ目は、塗るだけで効果を発揮するクリーム麻酔、別名、表面麻酔、また、2つ目は、鼻から吸い込むだけで麻酔効果を生む、笑気麻酔です。いずれも、1回3,000円程度で処理してもらえます。

 当サイトで掲載しているクリニックでは、いずれも、麻酔の用意があります。

 以下から検索ください。地域での絞込みも可能です。

麻酔可能な医療レーザー脱毛クリニックはコチラ

掲載企業一覧