脱毛コラム

顔脱毛産毛の処理に向く脱毛法や特長は?男性のヒゲは?

2015.05.08

 顔の脱毛には場所に応じて生えている毛の特長や皮膚の状態など様々違います。毛の生え方、毛の種類も違います。ここでは、パーツ別の脱毛方法の違いや、特長、効果などの観点で補足していきます。男性のヒゲも補足。

 

顔の脱毛

 顔の各パーツにはそれぞれ、適している脱毛方法があります。身体のパーツごとに安全な脱毛方法について説明していきましょう。

 

眉の脱毛の検討はチョット待った!

剃ったり描いたり、自由に形作ることができるのが、眉毛。眉の脱毛はメイクの一部と考えることができます。眉毛の形は流行に左右されますから、医療機関で行われているレーザー脱毛での永久脱毛は余りお勧めできません。眉用のカミソリ(柄が長く剃る部分が小さいカミソリ)、またはハサミで、オシャレに見える眉を作りましょう。

 ちょっと前、アート眉毛というネーミングで、理想の眉の形を入れ墨で書くというものが流行りました。しかし、眉の形は流行に左右されるもの、当時最先端のアート眉毛の形も、今となっては流行遅れとなり後悔している人も多いと口コミや体験談で伺います。

 このアート眉毛、実はレーザー治療で消すことができますので、気になる方は、美容外科にご相談ください。

 話は戻りますが、眉毛の脱毛に関しては、眉間はともかく、眉の形を整えるには、脱毛ではなく、ハサミや、カミソリによる処理が望ましいと思われます。もし、脱毛処理をどうしても望まれる場合は、エステの脱毛にしましょう。エステの脱毛であれば、効果は医療レーザー脱毛のように、いきなり永久脱毛と言ったように、強力な効果が無いので、むしろ、考えながら通えるのと、永久脱毛ではないので、数年で再度生えてくることでしょう。

 また、自己処理に関して、毛抜きは絶対に避けてください。毛根を傷つけてしまい、再毛にかなりの時間を要してしまいます。

 眉は流行に左右されやすいので、お気を付けくださいませ。

 

人気の襟足の脱毛

 襟足の毛は、実は頭髪の一部です。ですので、実際のところ、ムダ毛という言い方は正しくないかも知れませんね。しかし、髪をアップにしたとき、襟足に細い毛がいっぱい出ているのはちょっと、見苦しいもの。処理するに越したことは無いでしょう。レーザー脱毛でも意外とこの脱毛をされる人が増えています。特にブライダルエステの意味合いで、背中と一緒に処理される方は非常に多いパーツでもあります。

 

鼻の穴は脱毛できるの?

 どんなに美しく着飾ってもそれを台無しにしてしまう。恐らく一番嫌われている毛と言えるのが、この鼻毛、週に一度は鏡でチェックし、処理しましょう。処理と言っても、鼻毛は鼻の穴の粘膜から出ている毛なので、医療レーザー脱毛だけでなく、出力を弱めたエステの脱毛もどの脱毛法もいずれも不向きです。専用の鼻毛切りハサミ、または鼻毛カッターを使用しましょう。

 

顔脱毛

 顔の処理というと、すぐに思い浮かべるのが鼻の下や眉のまわり産毛。それだけでなく、髪の生え際や、頬の産毛も目立つものです。こういった顔の産毛を処理すると、スベスベ感がアップし、お化粧のノリもかなり良くなります。こういった顔の産毛を処理すると、スベスベ感がアップし、お化粧のノリもかなり良くなります。カミソリなどで剃る方法が一番、ベストです。間違ってもテープやワックスなどは使用しないように顔は体の中で一番一目に触れる場所ですから、傷などは禁物。カミソリではなく電気シェーバーの利用がお勧めです。脱毛なら医療レーザー脱毛がお勧めです。

 顔は産毛で構成されており、毛根が皮膚より浅い部分にありますので、むしろ、エステの脱毛の方が良いのではないか?といった疑問を持たれるかと思いますが、効果と言う面だけを考えると医療レーザー脱毛が良いです。脱毛の仕組みはご存知かと思いますが、毛根の黒色がレーザーや光を吸収しやすいという特性を利用して処理を行っているので、うぶ毛が見た目通り、色が薄く、細いので、エステの脱毛マシンの光は出力が弱いので、反応しにくいという問題があります。ですので、医療レーザー脱毛の方が望ましいと考えます。

 ただし、敏感肌の人などは、効果がある=リスクにつながることもあるので、銀座カラー美肌潤美のように、ケアを同時に行いながら施術してくれる方法も推奨できます。

 通う回数という面で考えると医療レーザーであれば、早い人で5回~6回程度、時間が掛かる人でも10回は必要ないでしょう。

 エステの光脱毛であれば、10回程度の通いは最低限覚悟しておく必要があります。長い人で20回程度の通いは必要と言えるでしょう。ただし、どこまでやるかという観点もあるので、化粧のノリを気にする程度であれば、初回の無料カウンセリングにて、それをカウンセラーに伝えて、想定を出してもらう事を推奨します。

顔脱毛を実施している人気のサロンはこちらから検索できます。
また、地域での絞り込みも可能です。

顔脱毛の人気のサロン検索


 

男性の顔脱毛(ヒゲ)のケース

 当然ですが、男性の場合は特にヒゲに問題があります。ヒゲは他の体毛と異なり、毛の色が濃く太いという特徴があり、そういった毛は、間違いなく、毛根の位置が他の毛と異なり、深い位置にあります。顔の場合は、他の皮膚組織と異なり、脂肪が少なく、直ぐに神経細胞が流れていることが多く、どうしても痛みを多く感じてしまう傾向にあります。

 また、エステの脱毛の場合では、医療レーザー脱毛と異なり、脱毛マシンの出力がどうしても弱く、毛根まで光が届かないといった傾向が多く、通う回数がどうしても多くなってしまう事が多いです。

 エステの脱毛の中でも、電気脱毛を採用しているメンズTBCや、ダンディハウスであれば、ほぼ確実に毛根までしっかり届くので、効果がありますが、通う回数がどうしても多くなります。ちなみになぜ確実と言い切れるかと言うと、電気脱毛の仕組みを説明する必要があります。

 光を毛根に向けて照射するフラッシュ脱毛、つまり従来のスタンダードなエステの脱毛法は、広範囲を一気に処理できるというメリットがありますが、この電気脱毛は、1本1本の毛を専用のピンセットのような脱毛マシンで摘まみ、微弱な電流を流し込み、毛根を処理していく手法です。1本ずつ処理していくので、エステティシャンの技術の高さがなせる大手ならではの手法ですが、その為に、どうしても時間が掛かります。

 一番、推奨できる処理方法としては、医療機関が行っている医療レーザー脱毛ではないでしょうか?脱毛マシンの出力が高いので、確実に毛根まで届くという点と、色が濃く太い毛根は、黒色に反応する仕組みで作られている脱毛マシンにとっては好都合の相性とも言えます。

 ただし、そんな医療レーザー脱毛にもデメリットは存在します。男性の顔脱毛、つまりヒゲのパーツの問題に該当しますが、冒頭でお伝えしたように、毛根が深い位置にある点と、その付近には、神経が多く流れているという点です。

 口コミや体験談では、痛みに耐えられず、通う事を途中で断念したといった話も少なくありません。

 両ほほは問題ないのですが、鼻の下、口の周り、アゴの骨付近などは、皮が薄いので、即神経も反応して痛みが強いので、かなり厳しいかもしれません。痛みに弱い方でしたら、これは、各クリニックの初回の無料カウンセリングなどで確認をする必要がありますが、麻酔を用意しているクリニックがお勧めです。

 しかも、麻酔と言うと、注射をするようなイメージの方もいらっしゃるかと思いますが、今では、施術する部分だけに塗るだけで効果を発揮する、表面麻酔、別名クリーム麻酔と言う方法と、鼻から吸い込むだけで効果を発揮する笑毛麻酔という2つの方法があり、顔の脱毛であれば、麻酔クリームがお勧めです。大体、料金の相場ですが、1回3000円前後が相場です。

 塗るとすぐに効果を発揮し、痛みを感じることなく施術ができます。ちょっと痛いとかではなく、完全に無痛の状態での施術が可能となります。ただし、毛の太さがあるので、耳に「バスッ」といった音がしっかり聞こえてくるので、ちょっと、怖いかもしれませんが、確実に施術していく、また、痛みを感じず処理をするという2点を考えると、かなりおすすめです。

 麻酔の効果に関しては、大体、塗った後1時間程度は、その状態が続き、ちょっと顔が引きつった感じがします。

 また、通う回数ですが、エステのフラッシュ脱毛ですと、目安として15回程度の通いは覚悟しておく必要があるでしょう。

 医療レーザー脱毛であれば、5回から10回の範囲で完全にツルツルの無毛状態にすることができるでしょう。

 もし、毛の密度が濃すぎる人に関しては、初回のカウンセリングで確認してほしいことがあります。医療機関によっては、湘南美容外科のように複数の脱毛マシンを所有している場合があるのですが、一般のクリニックでは資本力の問題で用意できていないケースがあります。何が申したいかと言うと、密度の濃い場合は、レーザーが、本数分、分裂してしまい、効果が弱かったり、毛根がさらに深い位置にあり届きにくい場合もあり、その時は、脱毛マシンの中で、一番痛みに関して強いのですが、効果も一番ある、どんなに深い位置にある毛根も処理できるヤグレーザーを装備しているようなクリニックであれば、間違いなく短期間で施術を完了できるかと存じます。

掲載企業一覧