脱毛コラム

ムダ毛を永久処理したい!医療レーザーが総費用でもお得?

最近は脱毛が技術革新もあって、1本1本施術して高額な料金を取られることもなくなり、料金も安く非常に身近で、手軽なものになってきました。エステの脱毛は現在、ブームと言えるくらいの、誰もがやっている、当たり前の美容院感覚に近づいてきました。

ですが、同様に、今は、高額なイメージの美容外科や皮膚科など医療機関やクリニックで行われている医療レーザー脱毛が人気になってきました。

実は、目的によっては、トータルでかかる費用が、レーザー脱毛の方が安いともいえるからです。では、なぜ、レーザー脱毛の方が安いのか?分かりやすく説明していきます。

 

1,そもそも、エステの脱毛とレーザー脱毛の違いとは?

エステや脱毛サロンで行われている脱毛は、一般的には、光脱毛とかフラッシュ脱毛と呼ばれています。皮膚の色には反応しないで、毛根部分にだけ反応して、毛根部分を傷つけることによって、毛の再生を抑制し、脱毛としています

対して、医療レーザー脱毛は、法律で医療行為として認められており、効果は永久脱毛です。ですので、脱毛マシンの出力も効果も全く違うものとお考えください。

 

2,医療レーザー脱毛が永久脱毛と言われるその仕組みとは?

毛根部分では、毛乳頭が血管から栄養部分を取り出して、毛母細胞というところに運んでいきます。毛母細胞では、栄養を受け取ると、細胞分裂を初めて、どんどん毛を伸ばしていきます。いわば、毛の司令塔みたいな存在です。

その細胞分裂を繰り返す時に、毛母細胞黒色のメラニンを分泌します。

実は、その黒色のメラニンが、レーザー脱毛のレーザーを吸収しやすいという性質をうまく利用しています。レーザーの光をどんどん吸収して、毛母細胞は高熱を持ちます。その高熱で、毛母細胞を破壊して、毛が生えてこない状態、いわば、永久脱毛を完成させます。

ですので、傷つけて毛の成長を抑制するエステなどの脱毛とは、効果が全く違います

 

3,何回の通いで永久脱毛が完成するの?

エステの脱毛も同様のことが言えますが、レーザー脱毛の効果は、毛母細胞が細胞分裂を繰り返しているときだけなのです。

ちなみに、この状態を毛の成長サイクルである「毛周期」の中では、「成長期」と呼ばれていますが、この成長期の毛母細胞にのみ、効果を発揮します。

しかも、この成長期の体毛というのが、実は全体の2割程度なのです。ほとんどの毛は、皮膚の下で眠っている状態である「休止期」です。

その為、1回の通いですべての毛を処理することができません。

目安としては、3か月のペースで5回から6回通う事で、自己処理が完全に不要な所謂、無毛という状態になります

しかしながら、エステや脱毛サロンの光脱毛では、こうはいきません。仕組みは似ていても、マシンの出力が違いすぎるために、10回以上の15回程度の通いは覚悟する必要があります。

ちなみに、エステの脱毛が苦手とするのは、毛根部分が深い位置にある、両脇の毛や、デリケートゾーンとかアンダーヘアと呼ばれているビキニライン(Vライン)や、VIOライン(ハイジニーナ)の脱毛は苦手としています。

毛根部分が深い位置にあるので、出力の弱い光脱毛では、照射漏れと呼ばれる、光が届きにくい為です。

 

◆総括

両脇や、ビキニラインなどのアンダーヘアであったり、自己処理を繰り返していて毛の色が太くなり、毛根部分が深い位置にあるような足の毛や腕の毛などもそうですが、エステや脱毛サロンでは、1回の通いの料金は非常に安価ですが、完全な無毛状態にするには、15回程度の通いが必要であり、効果を発揮するまでの期間がかなり先になってしまうというだけでなく、6回程度で完了する医療レーザー脱毛に比べて、結果として総費用が高くなるという特徴があります。

また、医療機関なので、入会金や年会費もかかりませんし、エステ特有の営業行為や勧誘行為が無いといったサービス面での安心感と、もしもの事態になった場合、医療機関であれば、医師は常にいるので、精神的な安心感もあると言えます。

掲載企業一覧