ニードル脱毛(電気脱毛)のメリットとは?
現在、エステサロンの脱毛コースや、脱毛サロンの脱毛コースでは、光を照射するだけで、照射された部分の毛根の処理ができるフラッシュ脱毛(光脱毛)が主流になっています。以前は、ニードル脱毛(電気脱毛)がメインでした。
 ところが、大手エステでは、今でもこちらのニードル脱毛(電気脱毛)を採用しています。
 現在も採用しているサロンがあるという事は、何らかのメリットがあるという事ですよね。
 では、ニードル脱毛(電気脱毛)のメリットやデメリットについて、考えてみます。

ニードル脱毛(電気脱毛)のメリットやデメリットとは?

1.現在主流のフラッシュ脱毛の特長や効果
 1-1.短時間で広範囲を処理できるから安い
 1-2.産毛は効果が無い?
 1-3.フラッシュ脱毛では、剛毛、産毛は処理できない?
 1-4.フラッシュ脱毛はかなりの回数通う必要がある
 1-5.日焼けした肌には脱毛できない
 1-6.乾燥肌が気になる人には不向き?
2.ニードル脱毛(電気脱毛)の特長や効果
 2-1.ニードル脱毛はどんな毛根もしっかり処理できる
 2-2.ニードル脱毛の問題点
3.どこで、ニードル脱毛を受けられる?
 3-1.納得できなければ返金します?ミスパリ
 3-2.TBCのブレンド脱毛でニードル脱毛の問題点を改善


1.現在主流のフラッシュ脱毛の特長や効果

 どこのエステでも脱毛サロンでも最近では、安い料金で手軽に脱毛ができるようになりました。これは、ここ数年で登場したフラッシュ脱毛のお陰と言えます。
 この手法はエステティシャンの技量差がほとんど無関係で、研修を受けたスタッフであれば、誰でも手軽に施術ができるという事と、広範囲を短時間で処理することができるという事で、多売ができるようになり、安価で提供ができるようになったからです。
 一昔までは、脱毛は高所得層向けのサービスという事でしたが、現在、このフラッシュ脱毛が現在の脱毛ブームのきっかけになったといえます。

1-1.短時間で広範囲を処理できるから安い

 フラッシュ脱毛の一番のメリットはその 料金の安さです。
 毛根の成長サイクルを逆手に取った脱毛法で、毛根から分泌される黒色のメラニン色素が、脱毛マシンから照射される光を吸収しやすいという特性を利用しています。
 脱毛マシンから照射される光を吸収した毛根は、高熱になり、この高熱が毛根を処理するという極めて簡単で効果のある脱毛方法と言えます。

  1回の処理に要する時間が非常に短いので、その分、顧客に要する費用を抑えることができたという訳です。
 また、この光は皮膚の肌色には影響がないので、安全な脱毛法で、光を照射するだけなので、エステティシャンも高い技術力を必要とせず、誰でも研修を受ければ、施術することができ、一気に脱毛が普及した要因にもなっています。
【フラッシュ脱毛のメリット】
・安い料金
・エステティシャンの技量差が少ない
・短時間で広範囲をカバーできる

1-2.フラッシュ脱毛では、剛毛、産毛は処理できない?

 フラッシュ脱毛は広範囲を短時間でカバーできるという話をしましたが、実は、すべての毛根に対して同じことがいえるかというと、一部の毛根を不得意としています。

 毛根が他の体毛よりも 深い位置にある毛根は不得意です。

 フラッシュ脱毛は皮膚表面から深さ3ミリ程度にある、毛根のメラニン色素に向けて光を照射し、メラニン色素はその光を吸収して熱を発して、毛根を処理するわけですが、 皮膚表面よりかなり深い位置にある毛根に対しては、光が届きにくいという問題があります。
 例えば、両ワキやVライン(ビキニライン)、VIOと言われるアンダーヘアなどの色が濃く、太い毛の毛根は他の体毛よりも深い位置に毛根があり、なかなか、脱毛マシンの光が届きにくいという問題があります。

 また、普段からカミソリなどで自己処理を繰り返した結果、色が濃く太くなってしまった毛の毛根も同様です。手足や、乳輪周り、へそ周りで、脱毛がうまくいかないといった事例もあります。
 その結果何度も何度も繰り返し通ってしまい、1回の費用は安かったが、気づいたら、 数通ううちにかなりの高額になってしまったという話もあります。

 男性であれば、もちろん、個人差はありますが、濃い密度のあるヒゲなどは、全く効果が無かったといった口コミもあったりします。

1-3.産毛は効果が無い?

 剛毛が苦手という話は上記の項の通りですが、実は、 顔などの産毛、色が薄い毛も不得意です。

 顔脱毛は、脱毛自体を目的としているわけではなく、顔の産毛を処理することで、抜け落ちた毛穴が自然と閉じていくという効果があり、毛穴を目立たせなくすることで、キメの細かい皮膚になり、美肌効果があるという事で、最近では、顔脱毛は人気のコースの一つになりました。

 ところが、フラッシュ脱毛では、この顔脱毛や産毛の処理が苦手です。
 毛根自体は皮膚表面から近い位置にあるので、脱毛マシンから照射される光自体は毛根まで届きやすいのですが、脱毛のメカニズムが、毛根の細胞分裂の際に生じる黒色のメラニン色素が、脱毛マシンから照射される光を吸収しやすいという特性を生かした脱毛方法という事ですが、産毛はご存知の通り、黒色どころか、色は薄く細いという事で、 黒色のメラニンが少ないので、光を吸収して高熱を発するというのが難しいという事で、色黒で太い剛毛の処理よりも不得意としています。

 剛毛の時と同様、またはそれ以上、 数多く通わないと効果が発揮できないという事で、結果として、こちらも 高額になってしまうという問題点があります。

1-4.フラッシュ脱毛はかなりの回数通う必要がある

 1回の料金の安さがフラッシュ脱毛のメリットとして取り上げられていますが、 フラッシュ脱毛はかなりの回数を通う必要があります。

 毛には成長サイクルがあり、これを毛周期という言い方をしますが、生えている毛は実際のところ、体毛全体の2割から3割程度で他の体毛は皮膚の下で眠っています。
 ちなみに、生えている毛は成長期と言われ、毛根部分で細胞分裂を繰り返して毛を伸ばしている状態の時期を言います。つまり、脱毛マシンが効果を発揮するタイミングがこの成長期の毛根です。
 成長が止まると、退行期を迎え成長が止まります。やがて、毛は毛根から落ちて、休止期に入ります。このタイミングでは、毛根は細胞分裂を行っていないので、脱毛マシンから照射される光を吸収することはありません。

 この毛周期ですが、体毛1本ずつ異なり、また、パーツやその人の毛深さによっても、毛周期の周期が異なるといった事があり、その結果、何度も何度も繰り返しサロンに通う必要があり、1回の施術料金や非常に安いフラッシュ脱毛ですが、脱毛完了までに要する費用は意外と高額になっていることがあります。

 ちなみに、どの程度通う必要があるのか?気になりますよね。 平均では6回~10回程度の通いが必要で、2~3か月に1度程度の頻度で通うので、完全にツルツルにするためには最低でも1年近く通う必要があります。

1-5.日焼けした肌には脱毛できない

 毛根から分泌されるメラニン色素が脱毛マシンから照射される光を吸収しやすいという特性を生かしてムダ毛処理をしているフラッシュ脱毛ですが、日焼けすると、その期間中は脱毛の施術を受けることができません。

 日焼けは、太陽から照射される紫外線が皮膚のメラニン色素に反応して皮膚を茶褐色に変色させます。つまり、黒色のメラニンが広がっている状態が日焼けです。
 そこに脱毛マシンの光を照射してしまったら、黒色のメラニンに反応するので、皮膚表面が大やけどになったり、赤く腫れあがってしまったり、水膨れになってしまう可能性があり、日焼けした肌に対しては、脱毛の施術を断られてしまうといった問題があります。

 日焼けが落ち着いたとしても、皮膚の下ではしばらくは日焼けした状態が広がっています。日焼けしてしまった場合、 日焼けした日から起算して2週間から1か月程度はサロンに通う事ができません。

1-6.乾燥肌が気になる人には不向き?

 冬場に脱毛サロンに通う人が少ない理由の一つでもありますが、乾燥肌には光脱毛は不向きと言われています。

 皮膚表面から下に深さ3ミリ程度に存在するメラニンに向けて照射し、数多くの毛根を一斉に熱処理をしていくので、 皮膚表面が乾燥肌になりやすく、敏感肌の人などは、光脱毛が苦手という人も多いです。
フラッシュ脱毛のデメリット】
・剛毛や産毛に効果を発揮するには他の体毛より、繰り返し通う必要がある
・体毛の2割から3割の成長期の毛にのみ効果を発揮するので、自己処理不要になるまで6回~10回程度通う必要がある
・日焼けした肌には処理できない
・乾燥肌になりやすい


2.ニードル脱毛(電気脱毛)の特長や効果

 ニードル脱毛、別名電気脱毛は、今では一部のサロンや医療機関でしか行っておりません。
 この脱毛法は電気脱毛の脱毛マシンで1本1本の毛をピンでつかんで、ピンから微弱な電流を流して毛根を処理する方法です。
 確実性がありますが、痛みや、料金が光脱毛よりも高額になるという点で、施術してくれるサロンなどは減少傾向にあります。

2-1.ニードル脱毛はどんな毛根もしっかり処理できる

 1本1本、つまんで、微弱な電流を毛根に流し込んで毛根処理を行っていくので、光脱毛では苦手としてい た黒くて太い毛や色が薄い産毛など関係なく、どんな毛にも有効な脱毛方法と言えます。
【ニードル脱毛のメリット】
剛毛でも産毛でも確実に処理できる

2-2.ニードル脱毛の問題点

 ニードル脱毛は現在の脱毛サロンの中では、かなり少ない施術方法です。それにはもちろん理由があります。
 1本1歩、つまんで処理をするという事が理由で、エステティシャンの技量差が大きく反映し、ベテランの慣れている人であれば、1秒に1本程度、どんどん処理していってくれますが、慣れていないスタッフが担当すると、かなりの時間を要してしまうといった問題があります。
 また、ベテランであっても広範囲を同時に処理できる 光脱毛と比べると1本ずつ処理していくので、脱毛に時間がかってしまい、 時間がかかるという事は脱毛の料金も結果として高くなってしまうといった問題があります。

 ただし、 剛毛や産毛を光脱毛で処理を行うと、効果を発揮しにくいので、何度も繰り返し通う必要があり、トータルでかかる費用は非常に高額になるので、確実に処理できるニードル脱毛と比較すると、剛毛や産毛であれば、ニードル脱毛の方が費用対効果あるというケースもあります。
【ニードル脱毛のデメリット】
・エステティシャンの技術に左右される
・時間がかかるので、高額になる


3.どこで、ニードル脱毛を受けられる?

 フラッシュ脱毛はエステティシャンの技量差が少なく、低料金でサービス提供できるという事で、数多くのサロンで導入されていますが、ニードル脱毛はエステティシャンの技量に左右されるため、ニードル脱毛を施術してくれる脱毛サロンやエステサロンは、減少傾向にあります。
 現在大手サロンでは、 ミスパリとTBCでは電気脱毛が採用されています。

3-1.納得できなければ返金します?ミスパリ

 技術力が無ければできないというだけあり、ミスパリはニードル脱毛を採用しています。ミスパリと言えば5つ星と言われるように、自社で専門学校を経営しており、高い技術力と専門性のあるスタッフが担当することで、人気のサロンとなっています。

 また、ミスパリでは技術力に自信があり 契約後、途中で結果に満足できない場合、 解約手数料や違約金なく、契約の残りの分を清算、返金して解約できるという 返金制度 あります。

3-2.TBCのブレンド脱毛でニードル脱毛の問題点を改善

 TBCでも電気脱毛を採用しており、TBCスーパー脱毛という呼称でサービス提供しています。TBCの特長としては、 光脱毛のTBCライト脱毛とセットで施術を受けることができるという点です。
 組み合わせてサービス提供しており、これをTBCはTBCブレンド脱毛という呼称でメニュー提供しています。

 例えば、 普通の毛質の体毛であれば、効率よく広範囲を処理できる光脱毛で処理を行い、毛深く太い色の濃い剛毛や、毛の色が薄く細い産毛など、光脱毛ではどうしても、繰り返して処理しないと効果を発揮しないような部位に関しては、TBCスーパー脱毛で電流を利用して処理するといった使い分けができるところがポイントです。
 費用対効果という点で考えるとTBCの脱毛メニューはオススメのメニューと言えます。

エステサロン