IPL脱毛の特徴とは?

 現在、エステサロンや脱毛サロンで一番スタンダードな脱毛方法と言えば、光脱毛、別名、フラッシュ脱毛と言われる脱毛方法で、さらにその中でも一番、一般的な光脱毛の方式がIPL脱毛と言われる脱毛法です。
 このIPL脱毛法の特長やメリット、逆にデメリットについて、分かりやすく説明していきます。

IPL脱毛法の特長やメリットやデメリット

1.今までは高額で時間のかかる脱毛法でした
2.IPL脱毛は費用対効果で画期的?
 2-1.美容レーザーで偶然に発見された脱毛法
 2-2.毛根の成長プロセスを逆手に取った脱毛法
 2-3.広範囲を短時間で処理できるので安い
3.IPL脱毛法にも欠点はある
 3-1.日焼け
 3-2.薬を服用している
4.どこでIPL脱毛を受けられるの?

 

1.今までは高額で時間のかかる脱毛法でした

 ここで説明させていただくIPL脱毛法(光脱毛)が発見されるまでは、脱毛行為自体、高額で、お金持ちにしか受けられないようなエステのコースでした。
 これが近年、IPL脱毛法が見つかり、低価格で脱毛の処理を受けられるようになり、数多くの人に脱毛が普及し、美容院に通う感覚で脱毛サロンに通えるようになりました。

 では、従来の脱毛法と比較して、どれだけメリットがある脱毛法なのか?分かりやすいように、まずは、旧来の脱毛法について簡単に説明していきます。

 旧来の脱毛法は、毛穴に細い針状のものを通し、微弱な電流を流したり、毛幹をピンでつかみ、このピンを経由して、脱毛マシンから電流を流し込み、毛根を処理するといった電気脱毛法、別名ニードル脱毛が主流でした。

 今でも、TBCやミスパリなどと言った老舗エステなどでは、現在も採用されている実績のある脱毛法です。
 確実に毛根を1本ずつ処理できるので、高い人気ではありましたが、1本ずつエステティシャンが処理をしていくので、エステティシャンの技術次第で、1回の通いで処理できる量に差ができます。
 また、1本ずつ処理していくので、圧倒的な体毛に対して、かなり 時間をかけていく処理になるので、結果として非常に高額になってしまい、どうしても、高所得層向けのサービスになってしまい、一般の人には、とても手が届く代物ではありませんでした。
 また、処理する方法が電流を用いるので、 痛みが苦手な人には不向きというデメリットもありました。

旧来の脱毛法(ニードル脱毛)
・1本ずつ確実に処理できる
・エステティシャンの技術に左右される
・電気を利用するので痛みが苦手な人には不向き
・1本ずつ処理するので、時間がかかり高額

 

2.IPL脱毛は費用対効果で画期的?

 旧来のニードル脱毛に対して、新しく普及してきたこのIPL脱毛法は、高い支持を得ている理由は、短時間で広範囲を処理できるという事で、脱毛に要する費用が大幅に安くなり、一般の人たちでも気軽に通う事ができるようになった点です。

2-1.美容レーザーで偶然に発見された脱毛法

 IPL脱毛法は、偶然に発見された脱毛法です。
 美容外科や美容皮膚科などで、シミやそばかす、ほうれい線などのシワ、保湿行為など、主にアンチエイジング目的で開発された美容レーザーが元で作られています。
 美容レーザーで当てていた患部の付近にあった毛根が反応していることを偶然見つけ、マシンの出力や、成分を調整し、試行錯誤を繰り返した結果、現在のIPL脱毛法にたどりつきました。

2-2.毛根の成長プロセスを逆手に取った脱毛法

 IPL脱毛法の仕組みは毛根の成長サイクルを生かした脱毛法です。
 毛根では、毛を伸ばすために、毛根部分にある毛母細胞と言われる細胞が細胞分裂を繰り返しています。この毛母細胞の細胞分裂はアジア人特有の黒い毛にするべく、細胞分裂と同時に、黒色のメラニン色素を分泌しています。

 脱毛マシンから照射された光は、皮膚の肌色には反応せず、皮膚の下、数ミリの深さにあるこの毛根で分泌されている黒色のメラニン色素に反応します。

 毛根が毛を伸ばすために 細胞分裂を繰り返すごとに分泌される黒色のメラニン色素には、脱毛マシンから照射される光を吸収する性質を持っており、吸収した光は、やがて熱を持ち、この熱が毛根を処理してくれるという脱毛方法です。

2-3.広範囲を短時間で処理できるので安い

 従来の毛根を1本ずつ処理していく脱毛方法と比較して、このIPL脱毛法は、光を照射するだけで広範囲を一瞬でしょりしていくので、短時間で処理が完了します。
  両ワキなどであれば、5分程度で処理が完了します。
  短時間で処理ができるので、かなり安価な料金で施術を受けられるという事で、現在では、広く普及した脱毛方法と言えます。

 また、1本ずつ処理するわけではなく、脱毛マシンから光を照射するだけなので、 エステティシャンの技量差が出にくいというところも安心につながっています。

3.IPL脱毛法にも欠点はある

 ここまでは、IPL脱毛法が非常に画期的な脱毛方法であるとメリットになる話を中心にいたしましたが、もちろん、IPL脱毛も万全な脱毛方法ではありません。
 デメリットともいうべき欠点がいくつかあります。

3-1.日焼け

 毛根が分泌する黒色のメラニン色素が脱毛マシンの光を吸収しやすいという特性を生かしてIPL脱毛は実施されているので、日焼けした肌に対しての施術を受けることができません。

 ご存知の通り、日焼けは皮膚が太陽から照射される紫外線に反応して黒色のメラニン色素が広がった結果、色黒であったり、茶褐色な肌ができあがります。
 つまりメラニン色素が広がった状態という事で、脱毛マシンの光が肌の黒色のメラニン色素に反応してしまう可能性があり、 日焼けした肌の人は、IPL脱毛を受けることができません。サロンで施術を断られます。

 ちなみに、日焼けが落ち着いたら問題ないのか?と言えば、日焼けが1週間程度で落ち着いたとしても、皮膚の下では、さらに2週間程度は日焼けが広がっていますので、 1か月程度は通えなくなるとお考えください。

 もし、日焼けしてしまったら、サロンのスタッフにいつ日焼けしたのか。といった話をされて、実際に日焼けした場所を見せて、ご相談されると良いでしょう。

3-2.薬を服用している

 意外と知られていないのが、この医師に処方された薬を服用されている方です。
 「薬と脱毛は無関係なのになぜ、脱毛ができないのか?」と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、これは、脱毛後の肌と、薬が持つ効果に起因します。

 まず、脱毛後の肌ですが、IPL脱毛を行うと、脱毛当日は、毛穴が広がった状態になります。また、毛根を熱処理しているので、広がった毛穴の奥には、一種のヤケドに近い状態の毛根が露わになっています。
 つまり 脱毛当日はデリケートな状態の毛穴がさらされているという事です。

 また、薬の効果について説明しますが、薬は基本的には、どれも体調を整える行為を助長する為の効果が成分として含まれています。
 その中には、新陳代謝を促進する成分が含まれているケースが多く、血行を整えて、体調を本来の姿に戻すという事で、ここに問題があります。
 血行を促進して、新陳代謝を促進すると、発汗しやすい状態になります。

 この汗が、デリケートな状態になっている毛根部分に入ってしまったら問題です。
 汗自体には問題がありませんが、 汗には空気中の細菌類を集めやすいという特性があり、夏の汗が臭く感じるのは、その人の体臭ではなく、どちらかというと、汗に集まる細菌類の匂いが原因です。
 そんな汗が、デリケートな状態の毛穴に入ってしまったら、思わぬトラブルの原因になりかねません。
 IPL脱毛を行った箇所が赤みを帯びてしまったり、腫れてしまうといったトラブルがありえるので、薬の服用をしている人のIPL脱毛の施術を断るケースがあります。

 脱毛当日の発汗作用を嫌うので、IPL脱毛を行った当日の、飲酒やスポーツ、長風呂、サウナなども、基本的には避けていただくようにサロンから注意喚起されます。

4.どこでIPL脱毛を受けられるの?

 現在、どこのエステサロンでも脱毛サロンでも大多数は、このIPL脱毛法を採用しています。大手であれば、 銀座カラー エピレ、月額定額制の脱毛サロンであれば、 シースリーや、 キレイモが有名です。


エステサロン