肌へのダメージが少ないS.S.C脱毛とは?
人気の脱毛サロン、「ミュゼプラチナム」や月額定額制の脱毛サロンの大手、「脱毛ラボ」で採用されているS.S.C.脱毛ですが、脱毛の際に発生する「痛み」が苦手な人に口コミなどで評価を得ていますが、実際にはどうなのか?
 脱毛の仕組み、一般の脱毛サロンの脱毛方法との違いなどから、分かりやすく説明していきます。

S.S.C脱毛が評判の理由とは?

1.光脱毛(フラッシュ脱毛)と同じ?
 1―1.元々、主流のニードル脱毛とは?
 1-2.体毛の成長のメカニズムを知っておこう
 1-3.なぜ、光脱毛が評判なのか?
2.他の光脱毛との違い
 2-1.IPL脱毛
 2-2.S.S.C.脱毛
3.どこでS.S.C脱毛を受けられる?
4.メンズ脱毛にもS.S.C脱毛を採用しているサロンがある?
5.S.S.C.脱毛まとめ

1.光脱毛(フラッシュ脱毛)と同じ?

 現在、脱毛サロンやエステサロンで実施されている光脱毛(別名、フラッシュ脱毛)というものがありますが、基本的にはロジックは同じです。 光脱毛の中の種類の一つと捉えてください。
 違いを理解する為に、まずは、光脱毛の脱毛方法を解説します。
 また、従来の脱毛方法との違いなどとも触れていきます。

1―1.元々、主流のニードル脱毛とは?

 光脱毛が注目される前までは、ニードル脱毛(別名、電気脱毛)が主流でした。とは言え、今でも、大手であれば、TBCやミスパリなどは、このニードル脱毛法を採用しています。
 このニードル脱毛は、脱毛マシンに付属している細長い、ピンセットのような摘みがついており、この摘みで、ムダ毛を一本、一本つまみあげて、そこに微弱な電流を流し込む方法で毛根の細胞を処理していき、ムダ毛を処理しています。

 このニードル脱毛のメリットは、1本1本の毛根を確実に処理していくことができる点です。また、毛の種類も選ばず、色が濃く太い体毛であっても、色が薄く細い産毛のような毛であっても問題なく処理することができます。

 また、逆にデメリットは、1本ずつ処理していくので、エステティシャンの技術力に依存することが多く、さらに、時間がかかってしまうという点です。時間がかかってしまえば、それだけ費用がかさんでいくので、非常に高額なサービスになっているという事です。
 それに、微弱な電流を流すので、神経が集中している顔の顎などの骨の付近や、口の周り、鼻の下、または、手足の指、乳輪周りなどは、痛みをどうしても感じてしまいます。
 痛みにが苦手な人には、厳しい脱毛方法かもしれません。


1-2.体毛の成長のメカニズムを知っておこう

 では、光脱毛の方法について、ここから触れていきますが、光脱毛を把握するには、毛の成長サイクルについて理解する必要があります。

 皮膚の下数ミリの部分にある毛の元とも言える毛根では、毛乳頭が血管に付着し、血管の中を流れる血液中の栄養素を吸収します。
 吸収した栄養を毛乳頭から毛母細胞に運びます。毛母細胞では、栄養を元に、細胞分裂を繰り返します。この毛母細胞の細胞分裂の繰り返しの結果、毛根から生えてきた毛幹は、毛穴から飛び出して、目に見える毛になっていくという訳です。

 体毛には毛周期と言われる成長サイクルが存在します。上記の通り説明させていただきました目に見えている毛は、実は、体毛の2割から3割程度で、残りの7割から8割の毛根は皮膚の下で眠っています。

 目に見えている毛は、細胞分裂を繰り返して毛を成長させている状態で、毛周期でいうところの成長期という状態です。成長期の毛は細胞分裂の結果伸び続けていきますが、やがて成長は止まります。
血管に付着していた毛乳頭が血管から離れ、細胞分裂が止まり、退行期を迎え、毛根から毛幹が自然と抜け落ち、休止期に入ります。

 ちなみに、この毛周期は体毛の中でも、スピードに差がパーツ毎に異なります。

 光脱毛では、この毛周期を利用した脱毛方法になります。
  

1-3.なぜ、光脱毛が評判なのか?

 光脱毛は従来のニードル脱毛法と比較して、短時間で広範囲を処理できるという事で好評になっています。

 上述の項で毛根の成長サイクルを説明させていただきましたが、成長期を迎えた体毛は毛母細胞が細胞分裂を繰り返すことで毛根から毛幹を伸ばしていきます。
 この毛母細胞が細胞分裂を行う際に、黒色のメラニン色素を分泌します。
 光脱毛で使われる脱毛マシンから脱毛したい箇所に向けて、光を照射して脱毛をしていくわけですが、この光は皮膚の肌色には反応せず、毛根部分で細胞分裂を繰り返す毛母細胞から分泌される黒色のメラニン色素に反応する仕組みになっており、 メラニン色素は、脱毛マシンから照射される光を吸収しやすいという特性があり、吸収した光は熱を持ち、この熱が毛根を処理していきます。

 脱毛マシンから光を照射するだけで処理ができるので、ニードル脱毛と比較して、エステティシャンの技術差が生まれにくく、1秒に1回程度照射できるので、広範囲を短時間で処理することができるので、1本ずつ行うニードル脱毛と比較すると短時間で処理が完了する為、安い料金で施術が完了するというメリットがあります。 


2.他の光脱毛との違い

 S.S.C脱毛は、同じ光脱毛でも他の光脱毛どこが違うのか?

2-1.IPL脱毛

 一般的な光脱毛はIPL脱毛と言われおり、キセノンランプを利用した脱毛法です。
 このIPL脱毛は、そもそも、医療機関で、シミやシワなどの美容レーザーと言われている医療機関で行われる美容の施術で用いられた施術を行っているさいに、偶然、黒色のメラニン色素にも、レーザーの成分が反応している事を発見し、試行錯誤を繰り返した結果に誕生した脱毛方法で、現在、全国のエステサロンの脱毛コースや脱毛サロンでは、主流の脱毛方法として普及しています。

2-2.S.S.C.脱毛

 S.S.C脱毛は、IPLがキセノンランプに対して、イタリアの脱毛マシンメーカーDEKA社が、開発した脱毛方法でクリプトンライトといライトを利用して脱毛を行っており、 IPL脱毛と比較すると、脱毛の際に生じる痛みを感じにくくさせる効果があります。

 また、このS.S.C脱毛では、脱毛前に、ジェルを塗ります。この ジェルには、脱毛マシンから照射される光を吸収しやすい、つまり、毛根部分に光を届かせやすくする作用がり、より、効率よく毛根部分に照射することができます。

 これにより、毛根部分が他の体毛よりも皮膚表面より深い位置にある毛の色が濃く太い、ビキニライン(Vライン)、VIOラインなどのアンダーヘアや、両ワキ、カミソリなどで自己処理を繰り返して、色が濃く太くなってしまったような例えば、足や腕、乳輪、へそ周りなどの毛であっても、光がより届きやすいといった特性があります。
 
 逆に毛の色が薄く細い、顔の産毛などを処理して、処理後の毛穴が自然と閉じることできめ細かい美肌が欲しいといった場合、産毛は毛の色が薄い為、黒色のメラニンが他の体毛よりも薄く、光を吸収しにくいのですが、こういった毛根にも、光が届きやすいようにジェルを事前に塗布して、施術を行います。

 ミュゼや脱毛ラボなどは、このジェルに美容成分を加えて、脱毛以外に保湿や美肌効果が期待できるように脱毛以外のメリットも紹介しています。

3.どこでS.S.C脱毛を受けられる?

 現状、大手の脱毛サロンでは、「 ミュゼプラチナム」で採用されています。また、月額定額制の脱毛サロンでは、「 脱毛ラボ 」がS.S.C脱毛を採用しています。

4.メンズ脱毛にもS.S.C脱毛を採用しているサロンがある?

 また、 男性のヒゲの脱毛では、通常の光脱毛で効果を実感できなかった、ただ痛いだけで終わったという人もいるでしょう。

 そういった人であれば、S.S.C脱毛は試してみる価値はあります。
 毛根が深い位置にある色が濃いヒゲに対しても、通常の光脱毛より、 ジェルとの相乗効果でより深い位置の毛根にもアプローチができ、また、 痛みが少ないという事で、メンズのS.S.C脱毛のニーズは高まってきています。

 ちなみに、メンズの脱毛サロンでは、 メンズラクシアや、月額定額制では、脱毛ラボのメンズ版、 脱毛ラボブラックレーベルでS.S.C脱毛の施術を受けることが可能です。


5.S.S.C.脱毛まとめ

 通常の光脱毛で失敗した人がS.S.C脱毛の効果を期待して、サロンを変更している人も少なくありません。
 S.S.C.脱毛の特長や効果などをまとめると以下の通りです。
・痛みが少ないので、痛みが苦手な人、敏感肌の人向け
・専用のジェルでより毛根によりアプローチできる
・ジェルに美肌、保湿成分を含ませているサロンもある
・女性向けでは、ミュゼプラチナム、脱毛ラボ等が採用している
・男性向けでは、メンズラクシアや、脱毛ラボブラックレーベル等が採用している
 もし、検討されるようでしたら、契約前に、S.S.C脱毛が自分の肌や体毛にマッチしているかどうか、また、サロンのサービス内容を事前に確認してから契約すべきですので、各サロン、現在、 無料カウンセリングをウェブサイトから申し込みを受け付けているので、無料カウンセリングを予約してみて、実際にどうか、体験されてから検討してみてはいかがでしょうか?

エステサロン