ビキニラインやVIOラインなどはレーザー脱毛がオススメ?
夏に向けた脱毛で一番人気のあるパーツと言えば、「ビキニライン」、「VIO」ラインなどアンダーヘアの脱毛です。
 アンダーヘアの処理は、エステや脱毛サロンで行われている光脱毛よりも、医療レーザー脱毛の方がオススメといった投稿、口コミなどをよく見ますが、どういった違いがあるのか?料金的には、光脱毛の方がお手軽だけど、実際はどうなのでしょうか?

ビキニラインなどアンダーヘアの処理はレーザー脱毛がおすすめ?

  1. 脱毛の効果は似て非なるもの
    1. 脱毛のメカニズム
    2. 効果は永久脱毛のレーザー脱毛
  2. 色が濃く太い毛は毛根に脱毛マシンの光が届かない?
  3. 効果があっても痛いアンダーヘア
    1. 瞬間冷却で痛みを緩和
    2. 麻酔で無痛
  4. トータル費用で安いのはどっち?


脱毛の効果は似て非なるもの

 エステや脱毛サロンで行われている脱毛コースは光脱毛という手法で処理する方法が主流になっています。また、美容外科や美容皮膚科で行われている医療レーザー脱毛は、このサロンで行われている光脱毛に似た手法で処理を行っています。

 いずれも脱毛マシンから光やレーザーを脱毛したい部分に向けて照射します。皮膚の肌の色には反応しない仕組みになっており、照射された光やレーザーは、皮膚表面から深さ3ミリから4ミリ程度にある毛根に反応する仕組みになっています。

脱毛のメカニズム

 毛根では、毛母細胞が細胞分裂をすることで、毛幹を伸ばしていくのですが、この細胞分裂のタイミングで同時に、黒色のメラニン色素を分泌します。これが、黒いアジア系の人の体毛の特長である黒色の毛を生やすわけですが、この分泌された黒色のメラニン色素には、脱毛マシンから照射された光やレーザーを吸収しやすいという特長があります。

 脱毛マシンから放たれた光やレーザーを吸収した黒色のメラニン色素は熱を発し毛母細胞を処理して、脱毛を成立させていますが、効果が違います。

効果は永久脱毛のレーザー脱毛

 医療レーザー脱毛と光脱毛は脱毛の仕組みは似ていますが、効果が違います。 脱毛マシンの出力が医療レーザー脱毛の方が強く、熱を吸収した毛母細胞の細胞膜を破壊します。
 破壊されてしまったので、毛根では細胞分裂をすることができなくなり、結果、脱毛が成立します。

 ところが、エステの脱毛マシン、光脱毛は脱毛マシンの出力が低く抑えられており、毛母細胞の細胞膜を破壊することは難しいですが、傷つけることはでき、傷ついている期間中は細胞分裂を行うことはできなくなり、脱毛を成立させています。
 医療レーザー脱毛と異なり、毛母細胞を破壊することはできていないので、いずれ、毛は再生してきます。ですので、脱毛というよりは、制毛といったところです。

  医療レーザー脱毛は、法律で医師の管理下で行われる医療行為で、効果は永久脱毛です。
 光脱毛は、医師の管理ではなく、サロンの管理下で行われるエステ行為であり、脱毛マシンの出力は低く抑えられているという訳です。

 脱毛の手法は似ていますが、効果は全く違います。


色が濃く太い毛は毛根に脱毛マシンの光が届かない?

 ビキニライン(Vライン)やVIOラインといったような毛の色が濃く太い毛は、他の体毛と比較すると、毛根の位置が他の毛に比べると皮膚表面から深い位置にあることが多く、脱毛マシンの出力が抑えられているエステや脱毛サロンの 光脱毛では、毛根まで届きにくく、メラニン色素は濃いものの、光を吸収しきれず、結果として、毛根を熱処理できないとった問題があります。
 そのため、繰り返し通う事で、処理していくという事が多いのが現状です。

 その点、医療レーザー脱毛であれば、脱毛マシンの出力が強いので、皮膚の奥底にある深い位置にある毛根であってもしっかり、光を照射することができます。

 効果という面で考慮すると、ビキニライン(Vライン)やVIOラインといったアンダーヘアの処理に関しては、医療レーザー脱毛がオススメと言えます。


効果があっても痛いアンダーヘア

 ビキニラインなどのアンダーヘアの脱毛で問題なのは、脱毛の際に生じる「痛み」です。
 毛根部分が深い位置にある体毛は、付近に神経細胞が分布しており、更に、アンダーヘア周辺は、神経が集中している部分です。
 
 脱毛の仕方は冒頭部分で説明させていただいたように、熱によって処理を行っています。この熱が付近の神経に「痛み」として伝わります。
 また、医療レーザー脱毛の脱毛マシンは出力が強く、毛根部分も他の体毛よりも、色が濃く、太いこともあり、吸収するレーザーが多く、高熱になりやすく、痛みが他のパーツの脱毛と比較すると、数倍に感じることも多く、この脱毛の際に生じる痛みが原因で、途中であきらめてしまう人も少なくありません。
 とは言え、医療機関で行われている医療レーザー脱毛ですので、痛み対策もしっかり行っています。

瞬間冷却で痛みを緩和

 脱毛マシンの中には、痛みを緩和できる瞬間冷却装置付きの脱毛マシンが用意されているクリニックもあります。

 脱毛の痛みは、処理する際の熱が神経に痛みとして伝わることが原因です。
 熱で毛根を処理した直後に神経に到達する寸前で、瞬間冷却装置が皮膚にマイナス3度の空気を噴射し、皮膚を冷ますことで、痛みを緩和します。

麻酔で無痛

 瞬間冷却によって痛みを緩和できたとしても、痛みの感じ方には個人差があり、どうしても痛みが苦手という人は、麻酔をしてもらうというのも手です。

 麻酔にも種類があり、一番スタンダードなのが、 麻酔クリームで表面麻酔ともいわれており、塗るだけで無痛状態にすることができます。
 また、鼻から吸い込んで無痛状態にする 笑気麻酔というものもあります。


4.トータル費用で安いのはどっち?

 広告など1回の施術料金で比較してみると、ビキニラインもVIOラインも、ハイジニーナに関しても、医療レーザー脱毛の方が割高になっている。
 ところが、問題はどれだけ通う事になるかという点です。1回の施術で全ての体毛を処理することはできません。
 体毛には毛周期があり、見えている体毛、毛根部分で細胞分裂を行っている成長期の毛根のみ、脱毛マシンのレーザーを吸収する黒色のメラニンを排出します。
 この成長期の体毛は体毛全体の2割から3割程度ですので、繰り返し通う必要があります。
  医療レーザー脱毛の場合、自己処理不要になる程度のツルツルの状態を目標と考えた場合、5回から6回の通いを必要とします。

 光脱毛の場合は、そもそも、脱毛マシンの出力が弱く、毛根にしっかり光を届けることが難しいという前提があり、同様の効果を求めるなら10回以上の通いが必要なケースがあります。個人差はありますが、医療レーザー脱毛と比較すると、数多く通う必要があり、自己処理不要の状態をゴールとした場合、 2倍近く光脱毛はサロンに通う必要があり、合計金額で考えると、医療レーザー脱毛の方が安い場合もあります。

エステサロン