脱毛・エステのコラム紹介

初心者の方必見!脱毛・エステから疑問・不安を解消!

コラムや口コミでどこよりも詳しく・詳細に脱毛・エステサロンをご紹介します!

痛みが苦手の方におすすめ!新宿美容外科メンズ

 新宿美容外科メンズで、ヒゲ脱毛を受けました。ヒゲが濃く、営業の仕事上、気になっていました。
 新宿美容外科メンズは男性でも入りやすい病院で、きちんと施術を受け、この悩みから解放されて良かったです。痛みも慣れてくれば問題ないレベルでした。

新宿美容外科メンズで受けたヒゲ脱毛の体験談



新宿美容外科メンズはクリニックなので安心

 私は、脱毛を行うのは、女性というイメージが先行しており、男性なのに施術しようと考えることに恥ずかしさもありました。そのため、なかなか行動に移せずにいたのです。
 また、医師の資格を持っていないエステで施術を受けるのにも、抵抗がありました。男性でも入りやすく、医師が施術に当たってくれる病院を探していたのですが、そんな時、口コミで評判の新宿美容外科メンズを知りました。
 私は、ヒゲが濃く、朝剃っても、夕方にはちくちくと無精ヒゲが生えてきてしまい、営業という仕事上、いかがなものかと悩んでいました。
 さわやかな印象を作る必要があるのに、午後から出会う相手に無精ヒゲで会わなければならないことが、憂鬱だったのです。
 新宿美容外科メンズでヒゲを処理することが出来て、本当に助かりました。新宿美容外科メンズは口コミの評判も良く、評判通り、信頼できるクリニックでした。

続けるうちに効果が発揮されます

 医師から事前に説明があった通り、初回の施術では、ほとんど変化が現れませんでした。事前に説明されていたので、焦らずに済みましたが、説明を受けていなかったら、騙されたのかと不安になっていたこと、間違いなしです。
 ところが、 3回目の施術を受けたときから、毛が薄くなっていることに気付きました。まず、いつもだったら、すぐに生えてくる無精ヒゲがほとんど気にならなくなったのです。
 また、生えてくる毛の本数が減っていることに気づきました。さらに、太く、黒々としていたヒゲが、いつの間にか、細くて弱弱しいものしか生えてこなくなりました。
 剃っておけば、ちくちくした手触りにもならず、とても助かりました。さらに施術を継続するうちに、全くヒゲが生えてこなくなりました。つるつるで、毛穴も目立たず、美肌効果まで実感できました。こんなにきれいになるなら、もっと早く始めれば良かったです。

鼻の下は少し痛みがありました

 ヒゲ脱毛は、肌に直接光をあてることで行います。光をあてると、光が黒い色に反応して、毛を処理していく方法です。それによって、効果が得られるのです。
 私は、毛が濃く、黒々とした太いヒゲだったので、光の反応が強く、痛みを感じやすい肌質でした。
 しかし、最初の数回は、恐怖心もあって、痛みを感じやすかったのですが、慣れてくると、それほど気にならなくなりました。熱さも感じましたが、冷やしながら施術することで、大きな問題はありませんでした。
 部位としては、肌が敏感だったのか、鼻の下が刺激を感じやすかったです。ちくちくとした痛みがありました。施術後の肌は、少しほてっており、赤みを帯びていることもありました。
 そのため、丁寧なアフターケアが必要でした。ひんやりした化粧水をつけて、ジェルでやさしく保湿しました。肌をきちんと守ってあげたので、肌荒れを起こすことなく、最後まで施術を継続できました。

丁寧な対応で好感が持てました

 新宿美容外科メンズは、エステと変わらないような、おしゃれで衛生的な空間でした。
 メンズを売りにしているだけあって、男性でも入りやすい雰囲気があり、とても助かりました。ゆっくりくつろぎながら、説明を聞き、施術に入ることができて、良かったです。
 美容外科としての信頼があり、医師もスタッフも丁寧に応対してくれたので、安心できました。肌が色黒だったので、光の反応が強くなり、肌全体に与える影響が心配だったのですが、その点についても、丁寧に説明してくれました。
 万一、 肌トラブルになった場合でも、医師がいるため、すぐさま適切な処置を施すことができるのも新宿美容外科メンズの魅力です。
 また、医師による、丁寧な肌ケア方法の説明もあり、男性でもスキンケアが大切なことを知りました。施術後の肌は、紫外線に弱くなっているため、日焼け止めを塗り、対策することが大切です。正しい知識を伝えてくれるクリニックを選んで良かったです。

この記事に関連するコラム

新宿美容外科メンズでヒゲ脱毛を受けました

 新宿美容外科メンズではしっかりカウンセリングを行う医療機関の一つで、メンズ脱毛の流れをはじめ料金システムについても説明があります。  夜間でも安心して通うことが出来るほか、最大2年間の無制限コースも...続きを読む

同じジャンルのコラムを読む